軽本来の「小さい・軽い・燃費が良い」を突き詰めたコンセプトカー、「e:S(イース)」(画像クリックで拡大)

 ダイハツ工業は東京モーターショー2009に、軽自動車の参考出品車4モデルを出展する。地球環境を考えた新しい軽自動車の形を提案する「e:S(イース)」、トールワゴンタイプの「DECA DECA(デカデカ)」、4シーターオープンの「basket」の3台がコンセプトカー。そして市販予定車の「Tanto EXE(タント エグゼ)」(別記事で詳報予定)だ。

 e:Sは軽自動車本来の特徴である「小さい・軽い・燃費が良い」を突き詰めて、最先端の環境性能を目指したコンセプトカー。ハイブリッドのような特別な技術を使わずに、既存技術の進化だけで10-15モード30km/Lの低燃費と700kgの軽量ボディーを実現している。

 軽量化のために、e:Sのボディーサイズは全長3100×全幅1475×全高1530mmと、同社の「ミラ」の3395×1475×1530mmよりも全長を295mm短縮した。ホイールベースは2175mmで、「ムーヴ」やミラなどの軽自動車用最新プラットホームのホイールベース2490mmよりも短い。さらにネット構造で乗員を支える軽量な新形状シートの採用や、フェンダーなどボディー外板の一部をスチールから樹脂に置き換えて、4名乗車で車重700kgを実現した。

「ミラ」よりも全長を295mm短縮し、樹脂外板パネル採用などで700kgの軽量ボディーを実現(画像クリックで拡大)

e:Sの室内。ネット構造で乗員を支える軽量な新形状シートを採用(画像クリックで拡大)

 エンジンは、現行の軽自動車用3気筒エンジンに独自の燃焼システムや、燃費向上とNOx低減のために排気ガスを吸気に再循環させる外部EGRを採用。アイドリングストップ機構を備え、CVTとの組みあわせで10-15モード30kmと、ハイブリッド車のホンダ「インサイト」と同じ燃費を達成している。

 これらの数値を現行ミラのアイドリングストップ搭載車と比べると、10-15モード燃費は3km/L向上し、車重は90kg低減している。

 ダイハツによればe:Sは単なる参考出品ではなく、このクルマに採用した燃費改善や軽量化技術を、今後発売する市販車に導入していく。e:Sそのものの市販については、日本では3ドア軽自動車の市場が小さいため、東京モーターショーなどでの反響を見ながら検討するという。

市販予定車の「タント エグゼ」(左)と「タント エグゼ カスタム」(右)(画像クリックで拡大)