レクサスブランドの参考出品車は2台。1台は小型ハイブリッドのコンパクトカー「LF-Ch」(左)で、未公開のもう1台はV10スポーツ「LF-A」の後継モデルか?(右、写真は07年東京モーターショーの出展車両)(画像クリックで拡大)

 トヨタ自動車は東京モーターショー2009に、レクサスブランドの参考出品車2台を出展する。1台は世界初出展の2シータースポーツで、事前情報は公開されず、09年10月21日(水)のプレスデーに詳細を公表する。もう1台は09年9月のフランクフルト・モーターショーに出展した、5ドアハッチバックでハイブリッドのコンセプトカー、「LF-Ch」(別記事参照)だ。

 レクサスブランドの2シータースポーツというと、07年10月の東京モーターショー2007に出展されたコンセプトモデル、「LF-A」の後継車という可能性が考えられる。LF-Aは排気量5L以下、最大出力500PS以上のV10エンジンをフロントミッドシップに積む2シータークーペ。ボディーサイズは全長4460×全幅1895×全高1220mmで、ホイールベースは2605mm。

07年の東京モーターショーに出展されたLF-Aの07年モデル(画像クリックで拡大)

LF-A(07年モデル)(画像クリックで拡大)

LF-A(07年モデル)(画像クリックで拡大)

 08年と09年には、ドイツで開催されたニュルブルクリンク24時間耐久レースのエンジン無改造クラスに、LF-Aのプロトタイプで参加した。09年参戦時のプレスリリースでは、排気量4805ccで最高出力367kW (500PS) と発表。また、08年1月のデトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー)には、オープンボディーの「LF-A Roadster(ロードスター)」を出展している。

09年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したLF-Aプロトタイプ(画像クリックで拡大)

08年1月のデトロイトモーターショーに出展したLF-A Roadster(画像クリックで拡大)

LF-A Roadster(画像クリックで拡大)

LF-A Roadster(画像クリックで拡大)