Q.熱中症を防ぐグッズにはどんなものがあるの?

 熱中症対策には気温や湿度を下げたり、水分・塩分を適切に補給したりすることが重要。そのため冷房が備えてあったり、定期的に水分・塩分を補給できたりする環境が望ましいが、常にそうした状況下にあるとは限らない。外出時や作業時でも手軽にできる熱中症対策グッズを紹介しよう。

『水分補給サポートキャンディ 塩熱飴』

(画像クリックで拡大)

発売元:ミドリ安全
直販サイトURL:http://ec.midori-anzen.com/shop/goods/goods.aspx?goods=4083002504
直販価格:263円/1袋(80g/約15粒)

 ナトリウムやカリウムなどの電解質を含んだ飴。ポケットやカバンなどに携帯しておけば、外出時や作業中などスポーツドリンクや経口補水液などがない場合でも、水分と一緒に摂取することで熱中症対策に。主な栄養成分は、100gあたりナトリウムが2g、カリウムは91mg、エネルギー361kcalなど。1粒あたりの食塩相当量は約0.26g。

『クイッククール』

(画像クリックで拡大)

販売:大作商事
直販サイトURL:http://www.daisaku-shoji.co.jp/s_shopping_quickcool.html
直販価格:1260円

 水分が蒸発する際に周辺の熱を吸収する「気化熱」の仕組みを利用したウォーターミストクーラー。「霧吹き」のようにボトル部に入れた水をミスト噴射することができ、同時にファンからの送風によって気化を促進する。単3型電池×2本で駆動するハンディタイプなので、外出時でも使用できる。

『USBネクタイクーラー2』

(画像クリックで拡大)

サンコー
http://www.thanko.jp/usbnecktie2/
直販価格:980円

 ちょっと変わり種が、USBで駆動するネクタイ型の空冷ファン。ネクタイの結び目の部分にファンを搭載しており、USBポートに接続することで、首元に送風する仕組み。別売の外部バッテリー(本体セット価格3680円)を利用すれば、移動中などパソコンがない場所でも風を身近に受けられる商品だ。

(文/花田祐輔=H14)

参考資料
『高齢者は要注意! 防ごう熱中症 日常生活での暑さ対策のススメ』日本生気象学会
『スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック』財団法人 日本体育協会