卒業式・入学式を直前に控え、いよいよビデオカメラのシーズンがやってきた。AVCHD規格が普及し、ほぼ全製品がAVCHDタイプに移行した。記録メディアはHDD/メモリー型が全盛になっており、テープやDVDメディアに比べて記録時間を気にせずに撮影しやすくなった。「顔認識」機能も各社が搭載しており、一層手軽に撮影しやすくなったと言える。

 各社とも高画質化と簡単撮影を追求し続けており、永遠のテーマとして小型化にも取り組んでいる。だが今年の状況は少し異なるようだ。小型化を追求するモデルをラインアップする一方で、小型化よりも画質や撮影機能を充実させたモデルが次々と登場している。

 「ビデオカメラは以前買ったものがあるし……」という人も多いだろう。だがこれから地デジが主流になり、大画面テレビが一層普及していく。一度しかない大切な思い出を大画面のテレビで見返すことを考えると、映像はキレイであるにこしたことはない。特に、テープやDVDタイプのSD(標準画質)ビデオカメラを使用しているならなおさらだ。

 今回の特集では、各社が発売した最新ラインアップの紹介に加え、予算・目的別の購入ガイドをお届けする。自分にぴったり合った1台を探してみよう。

(文/折原一也)

第1回 メーカー別、2009年AVCHDビデオカメラを完全理解!

ビデオカメラの定番・ソニーから大躍進中のキヤノン、パナソニック、日本ビクター……各社からビデオカメラの新製品が続々登場。ラインアップの特徴と記録メディア別に全モデルを紹介していこう。

ソニー「ハイビジョンハンディカムシリーズ」
キヤノン「iVISシリーズ」
パナソニック「カード愛情サイズ フルハイビジョンシリーズ」
日本ビクター「ハイビジョンEverioシリーズ」

第2回 予算・目的別 ビデオカメラ購入ガイド

ビデオカメラ購入の際に選ぶ基準は、動画画質や静止画画質だけでなく、顔認識、手ブレ補正、他機器への出力機能、GPS、保存用の機能まで千差万別だ。そこで予算、目的別にお薦めのBDレコーダーを紹介していこう。

■予算や機能で選ぶ

予算10万円以下で選びたい!
できるだけ長時間録画したい!
映像のキレイな機種はどれ!?
とにかく携帯性重視のものが欲しい!
ズーム重視で選びたい!
できるだけワイドに撮りたい!

■撮影シーンで選ぶ

夜間によく撮影するならどれがいい?
ブレずに撮影できるのはどれ?
顔の撮影に強い機種は?
フォーカスが速い機種が欲しい!
音声も5.1chサラウンドで記録したい!

■便利機能で選ぶ

簡単に操作できるのは?
オート撮影で扱いやすい初心者向きの機種は?
演出にこだわって撮影したい!
撮影した映像を便利に再生したい!
撮影した映像をダイジェストで見たい!
旅行に持ち歩きたい!
水中撮影のオプションが充実しているのは?
撮影した映像をすぐにYouTubeにアップしたい!