「ワード」や「エクセル」に代わる無料&格安パソコンの完成度がますます高くなっている。最近では、比較的安価なパソコンや人気のネットブックなどにはマイクロソフトの「Office」を付けずに販売している場合が多い。販売価格を抑えるためだ。Office付きのものと比べると価格は2万円程度安いのが一般的。そのため「Office」のないパソコンを購入する人も増えている。ただ「ワード」「エクセル」は定番中の定番ソフト。仕事に、趣味にと幅広く使われているので、ソフトがないと不便なこともある。そこで利用したいのが、無料で配布されたり、格安で販売されたりしているOffice系ソフトだ。Officeソフトの代わりとして十分な機能を備えている。今回は数あるOffice系ソフトの中でも特徴的なものを3つ紹介する。同じOffice系ソフトでも機能などは多少異なる。自分の好みをソフトを選んで、しっかりと活用したい。

■無料&格安で使える主なOfficeソフト
ソフト名 OpenOffice.org ThinkFree
てがるオフィス beta
KINGSOFT
Office2007 plus
提供元 OpenOffice.org ソースネクスト キングソフト
価格 無料 無料 4980円
OS Windows2000、XP、Vista、MacOSX、Linux Windows2000、XP、Vista、MacOSX、Linux Windows2000、XP、Vista
セット内容 ワープロ、表計算、プレゼンテーション、作図ツール、データベース、数式 ワープロ、表計算、プレゼンテーション ワープロ、表計算、プレゼンテーション
HDDの必要
空き容量
200MB以上 200MB以上 120MB以上
特徴 無料Office系ソフトの定番。ソフトの基本となるプログラムを、すべて公表しているオープンソースソフト。誰でも開発に参加できる。 インストールが不要。ネットと接続したままブラウザー上で操作する。人気のネットブックなどでの利用に向いている。 イラストなどの素材が豊富に入っている。「ワード」同様、にぎやかな配布物や見出し文字を演出した表などが作れる。
URL http://ja.openoffice.org/ http://www.thinkfree.co.jp/ http://www.kingsoft.jp/