この特集では、年末のボーナスシーズンに向けて、各携帯電話事業者のサービスや料金、端末をわかりやすく解説していく。まずはトップシェアの「NTTドコモ」について紹介しよう。NTTドコモは、今年7月にイメージカラーとブランドロゴを変更し、地域会社に分かれていたものを統一するなど、必死に盛り返そうとしている。

 そんな中、2008年秋冬モデルは、これまでの「900iシリーズ」から続く、型番ルールを大きく変更し、「PRIME」「STYLE」「SMART」「PRO」シリーズという4つのシリーズに分けることで、ユーザーの利用スタイルに合わせたモデルを投入してきた。

 そこで第1章では2008年秋冬モデルの新しい型番ルールと4つのシリーズにおいて、どの機種がどういったユーザーに適しているのかをじっくりと説明する。さらに第2章では、1年前に導入された一括・割賦支払いなどを含む端末の購入方式「バリューコース」「ベーシックコース」も含め、大きく変わりつつあるドコモのサービス、料金、端末について解説するので参考にしてほしい。

(文/memn0ck)

【第1章】

新しくなった型番ルールと4つのユーザー層に分かれたシリーズを解説
欲しい機種がピタリとわかるようにタイプ別におすすめモデルを紹介

【第2章】

もう一度復習しよう!販売方式「バリューコース」「ベーシックコース」を解説
各種割引、キャンペーンを使って料金を安くするには?