クオバディスのラインアップ攻略

人気ナンバーワン
ビジネス/ビジネスプレステージ

 クオバディスのラインアップは、大きく分けると見開き1週間バーチカル型のものと、そのほかのフォーマットのものに分けられる。その、クオバディスの顔ともいえる見開き1週間バーチカル型のラインアップの中で、最も日本で売れているのが、文庫本サイズの「ビジネス」と「ビジネス・プレステージ」だ。

ビジネス クラブ/モナコブルー 2730円(レフィル本体のみなら1575円)
写真のカバーは、合皮素材にオフホワイトのステッチをアクセントにした「クラブ」というシリーズの中のモナコブルー。カバーは8素材41種類から選べる(画像クリックで拡大)

ビジネスの中身。クオバディス伝統のフォーマットをコンパクトな文庫サイズに集約(画像クリックで拡大)

 ビジネスは、やはり、そのコンパクトなサイズが人気の秘密だろう。クオバディス伝統の見開き1週間バーチカル型のフォーマットを使える、携行しやすいサイズの手帳だ。手頃なサイズと価格帯で、幅広い層に売れている。出荷冊数で言えば、ヴィソプラン(クオバディスの見開き1カ月タイプの手帳)の方が多いが、1週間バーチカル型フォーマットでの一番人気は、「ビジネス」と、そのバリエーションの「ビジネス・プレステージ」だ。

ビジネスの使用例(画像クリックで拡大)

 コンパクトなサイズの見開き1週間バーチカル型が欲しい場合、ほかにあまり選択肢がなく、人気が集まるのは当然。完成度の高い手帳だ。しかし、コンパクトなサイズのため時間軸の幅が狭く、細かい予定を多く書きたい人にはデスクサイズがお薦めだ。学生、あまり細かい予定が多くない人か、または、1日1ページ手帳などと併用する人に向いている。