ファストファッションの激戦区・銀座に「H&M」の日本1号店がオープン

 スウェーデン発のファストファッションブランド「H&M(ブランド名:エイチ・アンド・エム)」の日本1号店が13日、銀座にオープンする(H&Mに関する詳しい記事はこちら)。

 同日、銀座ガスホールビル跡地に開業する「GINZA gCUBE(ギンザ ジーキューブ)」のキーテナントとして出店するもので、4フロアの売場面積は1000平米。徒歩圏内には「ユニクロ」「ZARA」などファストファッションブランドも大型店を構えており、競争が激化するのは必至だ。同店では、OLキャリアとメンズビジネスをメーンターゲットに、レディスとメンズに絞り込んだ品揃えと、これまでにない高級感のある店づくりで、ファッション激戦区・銀座になぐりこみをかける。

(文/橋長初代)