ファストファッションは、“ファストフードのファッション版”、つまり「安く買える手ごろなファッション」という意味で使われてきた。ショップとしてはユニクロや米国のGAPなどが代表例だが、最近では、「最新のコレクションやストリートのトレンドを素早く取り入れた」という新しいニュアンスも込めて使われている。その新しいファストファッションを体現するのが、9月13日に日本初上陸を果たす“世界最強”の衣料チェーン「H&M」だ。