「おしゃれは足元から」とよく言うが、夏場になると欠かせないのがサンダルだ。もちろん安いつっかけのことではなく、街に出掛ける際にも履けるおしゃれなサンダルのことだ。そこで、今年の夏はどんなサンダルが流行るのか。大人の男性におすすめのサンダルを人気ショップに聞いた。

 まず、訪れたのはメンズファッションのトレンドをけん引する伊勢丹新宿店メンズ館地下1階のシューズ売り場。ここには、トッズ、ボッテガ・ヴェネタなど高級ラインのサンダルも並んでいる。さすがは伊勢丹だ。

メンズ館B1紳士靴売り場全景(画像クリックで拡大)

トッズ、ボッテガ・ヴェネタなど高級ラインのサンダルもある(画像クリックで拡大)

 そしてカジュアルなラインのサンダルにも、魅力的なデザインの商品が多数そろっている。今回は、2万円以内の、比較的買いやすい価格帯の商品から、今夏のお薦めをセレクトしてもらった。選んだのは、紳士靴バイヤー近藤詔太氏だ。

こちらはカジュアルサンダルのコーナー(画像クリックで拡大)

伊勢丹 MD統括部 紳士第一営業部 紳士靴バイヤー 近藤詔太氏(画像クリックで拡大)

 まずは、近藤氏に今年の流行を聞いた。「昨年はモード系のデザインが流行りましたが、今年はトレンドがプレッピー(米国の名門校の学生のファッションスタイル。アイビーを若々しくしたイメージ)に振れてきていて、サンダルもその傾向にあります。形で言うと、丸っこいボリューム感のあるサンダルを選ぶと今年っぽい。ラクに履けるコンフォートなものです。皮底のタイプを選ぶなど、ちょっとした素材使いで大人っぽさを出せます。シャープなイメージを出すなら鼻緒を親指と第2指で挟むトングタイプですが、今年のトレンドはクロスベルトタイプ(アッパーが甲上でクロスしているもの)です。素材としては、エスパドリーユ(靴底を縄で編んだタイプ)など、ナチュラルなものに注目です」。