憂鬱になりがちな梅雨の時期。足下が濡れて、靴のつま先からジワジワ湿ってくる感覚は、不快そのものだ。今回は、そんなシーズンを少しでも快適に過ごす靴乾燥機をご紹介。3タイプの靴乾燥機をそれぞれ実際に試し、大きさや性能、操作性などを比較してみた。

(文/吉田明乎=ダカーポ)

乾燥テストに使用した、合成皮革の靴(新品)(画像クリックで拡大)

 今回テストしたのは乾燥能力と脱臭能力。新品のビジネスシューズ(合成皮 革)の外側も内側も濡らして、靴乾燥機で乾燥させてみた。また、脱臭能力は、履き古したスニーカーを湿らせた状態にしてから乾燥機にかけ、ニオイを消す効果があるかどうかを調べた。

強い雨の中を歩き、靴の内部まで湿ったと想定し、シャワーで靴の外側と内側を湿らせてみた(画像クリックで拡大)

脱臭のテストは、普段よく履いているスニーカーを湿らせるなどして、ニオイにどれだけ効果があるかを試してみた(画像クリックで拡大)