Yahoo!フォト(画像クリックで拡大)

 ケータイでパチリ。デジカメでパチリ。DVカメラでもパチリ。とかくに日本人は写真を撮るのが大好きだ。デジカメが普及し、フィルムや印刷代があまり心配なくなったことで以前より写真を撮る枚数が増えたという方が大半だろう。失敗写真を気にせず、どんどん撮影できるのはとても楽だ。また、デジタル写真ならでは魅力の1つに、写真データをそのまま親や知り合いへと送れることがある。焼き増しして渡す手間というのがいらなくなった。実際、中高年がパソコンを買うきっかけには、孫の写真を見るためという理由が上位に入るという。

 お爺ちゃん、お婆ちゃんの期待に応えられるように…、また、あまり手間を掛けずに写真を渡すためには無料のオンラインアルバムを活用するとよいだろう。Google、Yahoo!Japan、Windows Liveには、それぞれ「Picasaウェブアルバムサービス」「Yahoo!フォト」「Windows Live スペース」にオンラインアルバムサービスが提供されている。数百MB~数GB、容量無制限というサービスもあり、自由に写真データを保存(アップロード)できる。さらにサービス上にアップロードした写真を公開・共有できたり、オンラインアルバム上から写真印刷を申し込めたりと、デジカメ写真を活用するのにピッタリのサービスとなっている。

 従来のオンラインアルバムサービスは、インターネットエクスプローラなどのブラウザー上で利用するものが多かったわけだが、最近は専用の画像ソフトが用意されている。パソコン上に保存している写真をソフト上で表示してから、公開したい写真を選択。アップロードボタンをクリックすれば、あとは自動的に写真がオンラインアルバム上へと保存される。あとは作ったアルバムのURLさえ伝えれば、両親などがいつでも好きなときに孫の写真を眺められるようになる。

 お花見、潮干狩り、運動会に学芸会。イベントごとにアルバムを作り、撮った写真をすべてアップロード。あとは自由に見てくださいと一言いっておけばいいわけだ。オンラインアルバムを使えば、写真を数枚ずつメールで送る手間は、一切いらなくなる。親以外でも友達同士で旅行に行ったり、会社の歓送迎会で撮影した写真など、1人1人に写真を送るのが大変なとき、オンラインアルバムはとても重宝する。

 誰でも手軽に使えるようになり、機能も増えたオンラインアルバムサービス。今回も3大ポータルを中心に、オンラインアルバムサービスの使い方と、特徴的な機能を紹介していきたい。

Picasa ウェブアルバム(画像クリックで拡大)

Windows Live スペース(画像クリックで拡大)