ウィルコムは、中国でも利用できる音声通話とメールに特化したセイコーインスツル(SII)製PHS端末「X PLATE(テンプレート)」(WX130S)を2008年2月20日に発売した。

 中国といえば、今年は北京オリンピックが控えている。日本から競技を観に行く人もたくさんいるだろう。当然、現地で、仲間同士で携帯電話を使うなら、現地の電話会社を直接利用できるほうが安くて快適に違いない。中国で本当にPHSが使えるの?中国の現地のキャリアがローミングなしでそのまま使えるの?それって料金安くなるのかな。これは、試してこなくては! 北京現地レポート第2弾!

まずは北京の秋葉原・中関村で“電話のカード”を入手せよ!

 中国の現地のキャリアの“電話のカード(PIMカード)”を入手すれば、ウィルコムの「X PLATE」がそのまま使える! 北京五輪観戦やビジネスで中国へ行く予定のある人には耳寄りな情報だろう。これまでヨーロッパやアジアを取材した経験から、どこにでもあるキオスクのような場所でもPIMカードは買えるはず。しかも私には中国人のガイドさんもついている。「電話のカードを買いたいんだけど」と言えば、問題なく連れて行ってくれるだろう。

 ということで、ガイドの金さんにその旨を伝える。彼はふたつ返事で「朝一番に買いにいきましょう」と快諾してくれた。さらにこんなスケジュール表も作ってくれた。

金さん手書きの私のスケジュール。北京の秋葉原・中関村を見たいというリクエストはしたがあとは金さんにお任せ。こ、こ、こんなに回れるんですか?(画像クリックで拡大)