特集

 ついにウィルコムから登場したセイコーインスツル製端末「X PLATE」。薄型・軽量のスタイリッシュなデザインもさることながら、中国現地で購入したPIMカードに対応し、市内通話や日本への通話が格安なのも大きな特徴。まさに“北京五輪ケータイ(PHS)”と呼ぶにふさわしい端末だ。

 そこで今回nikkei TRENDYnetでは、ケータイ片手に世界中を旅する「ケータイ紀行」でおなじみのデジモノ大好きライター平戸京子氏に、早速このX PLATEを持って中国に飛んでもらった。果たして中国に強い端末としての“看板”は本物なのか? その生々しいレポートをお届けしよう。

(文・写真/平戸 京子)

五輪目前の北京にX PLATEが突撃 コイツは中国でも快適に使えるか?
X PLATEを中国で使うには? PIMカード求め北京を彷徨
“北京の秋葉原”は宝島! X PLATE自慢しつつ水餃子?
X PLATEで北京名所を一巡り 五輪観戦の戦力はX PLATE?ドコモ?

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年12月号