中国のPIMカードが使えるってほんと?「X PLATE」

 ウィルコムは、中国でも利用できる音声通話とメールに特化したセイコーインスツル(SII)製PHS端末「X PLATE(テンプレート)」(WX130S)を2008年2月20日に発売した。

 中国といえば、今年は北京オリンピックが控えている。日本から競技を観に行く人もたくさんいるだろう。当然、現地で、仲間同士で携帯電話を使うなら、現地の電話会社を直接利用できるほうが安くて快適に違いない。中国で本当にPHSが使えるの?中国の現地のキャリアがローミングなしでそのまま使えるの?それって料金安くなるのかな。これは、試してこなくては!

 というわけで、発売翌日、ウィルコム X PLATE片手に、真冬の北京へ飛び、実際に使ってみることにした。果たして、本当に中国でウィルコムのケータイで現地キャリアが直接使えるのか!とにかくチケットだけ確保して、中国一の大都市北京へ飛んだ。

今回のオールスターメンバーはこの2台。左から、私の愛機、NTTドコモ SH905i、そしてウィルコム X PLATE(画像クリックで拡大)