最悪64万人が死亡! 強力な毒性を持つH5N1型

 ひとたび爆発的に感染すれば、日本国内の人口の4分の1にあたる3200万人が感染し、最悪の場合64万人が死亡する(国の新型インフルエンザ対策行動計画による試算)。「新型インフルエンザ」の被害予測は、首都圏直下型地震の想定を数倍も上回る深刻さだ。感染者の爆発的な拡大(「パンデミック」と呼ぶ)によって、交通、輸送、電力などの社会機能すら麻痺するリスクがあるという。だが、その実態を理解している人は少ないに違いない。

 これほど猛威をふるう可能性のある新型インフルエンザとは、そもそもどのような病気なのだろうか。また、一般のインフルエンザとは、どう違うのだろうか。

 毎年、冬になると流行する従来型のインフルエンザは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症で、高熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠などの症状は似ていても、風邪とはまったくの別物である。

 インフルエンザウイルスにはA型、B型とC型があり、毎年流行するソ連型、香港型などのインフルエンザウイルスは、そのほとんどがA型に分類される。このA型インフルエンザウイルスも、元々は鳥インフルエンザウイルスだったもので、突然変異を続け、人にも適合するようになったものだ。今、懸念されている、鳥インフルエンザが人同士で感染する新型インフルエンザに変異すること自体は、実は過去から繰り返されてきたこと。遅かれ早かれ、新型インフルエンザが発生することは避けようがないことなのだ。

 最近、東南アジアで猛威をふるう鳥インフルエンザウイルスは、元来、鴨などの野鳥が保有しているウイルスである。野鳥はウイルスに感染していても発症することがほとんどないが、このウイルスが変異して鶏や七面鳥などの家禽類に感染すると発症し、ひどい場合は死に至らしめる。

 問題なのは、現在、インドネシアや中国、ベトナムなど広い地域で流行している高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の、人への感染が相次いでいることだ。H5N1型は今までの鳥インフルエンザと違って、病原性(毒性)が特に強いウイルス。家で飼っている鶏などと接触することで、すでに世界で350人以上が、H5N1型鳥インフルエンザに感染している。

「鳥インフルエンザ(H5N1)発生国及び人での発症事例」。最新の情報によると、インドネシアでの発症者が126人(うち死亡者103人)に増え、世界での総数が、発症者359人(うち死亡者226人)となっている(2008年2月5日現在)(画像クリックで拡大)