手持ちのケータイに中央のマークが付いていれば、おサイフケータイ機能対応だ(画像クリックで拡大)

 ケータイで買い物ができたり、会員証やポイントカードとしても使えたりする「おサイフケータイ」。今では新機種に、「おサイフケータイ」の機能が付いているのは当たり前になった。今回は、おサイフケータイをまだ使ったことのない人のために、電子マネーにスポットを当てて、特徴や使い方を解説する。

 電子マネーとは、貨幣価値を持たせたデジタルデータのことだ。おサイフケータイでは、ケータイの中に入っているICチップに貨幣データを記録しておき、買い物した際にICチップから代金を支払える仕組みだ。

 ケータイで使える電子マネーには、「プリペイド」型と「ポストペイ」型の2種類がある。プリペイドは、あらかじめ電子マネーに入金しておき、お店で商品を購入したときなどに、電子マネーから支払う方式。今ではほとんど使われていないが、テレフォンカードやQUOカードなどと同じと考えていい。おサイフケータイでは、残高が少なくなったら、何度でも入金できる。ちなみに、入金することを「チャージ」と呼ぶのが一般的だ。

 一方のポストペイは後払いのことで、クレジットカードの子カードという位置づけ。ポストペイで支払うと、クレジットカードに請求が来る仕組みになっているのだ。チャージは不要だが、支払いに使用するクレジットカードから電子マネー用の会員番号やIDをもらって、登録しておく必要がある。

ケータイで使える代表的な電子マネー

プリペイド

名称  事業者 特徴 チャージ上限 年会費等
Edy ビットワレット 現金とクレジットカードでチャージできる。利用金額に応じてポイントやマイルが貯まる他社のサービスと併用できる 5万円 無料
モバイルSuica JR東日本 乗車券、定期券、グリーン券としても利用可能。オートチャージには非対応。クレジットカードの登録が必須。Suicaポイントクラブへの加入で、利用金額に応じたポイントが貯まる 2万円 ビューカードでの登録なら無料。 その他のクレジットカードは年会費1000円(4月1日登録分からの予定)
EASYモバイルSuica JR東日本 クレジットカードの登録なしで利用できるが、定期券やグリーン券としては使えない。オートチャージ非対応 2万円 無料
nanacoモバイル セブン&アイ セブンイレブンとデニーズで使える。100円の買い物で1ポイントも貯まる。1ポイント1円相当で利用可能。チャージは現金のみ 2万9999円 無料
モバイルWAON イオン 一部のジャスコ、マックスバリュなどで使える。200円の買い物に付き1ポイント貯まる。1ポイント1円相当で利用可能。クレジットカードでのチャージも可。NTTドコモのみ対応(au、ソフトバンク対応予定) 2万円 無料

 

ポストペイ

名称  事業者 特徴 決済上限度 年会費等
iD NTTドコモ 買い物のほか、キャッシングも利用可能。NTTドコモのみ対応 上限はクレジットカードによって異なる(オフライン決済は1万円まで) 無料
QUICPayモバイル JCB コンビニ・スーパーなどでの少額決済向き。キャッシング不可 2万円 無料
VISA TOUCH/
Smartplus
三菱UFJニコス クレジットカードによって名称が異なる。キャッシングやカードローンにも対応 99万9000円以下で、クレジットカードの限度額以内(基本的に3万円まではオフライン決済) 無料