勢いに乗る「Mac」を加速させる3つの理由

 アップルの新OS「Mac OS X v10.5 Leopard(レパード)」が発売開始から好調だ。市場調査会社のBCNが2007年11月13日に発表したパソコン向けOS市場の調査結果によると、10月におけるOS全体の販売本数は前年同月比105.9%増と大きく伸びた。BCNは、10月26日に発売されたLeopardの効果が大きいと分析する。この効果はマイクロソフトが今年1月に発売した「Windows Vista」に匹敵するというから驚きである。

 Leopardを搭載したハードウエア「Mac」シリーズもOSのパッケージ版と同じく好調だ。BCNによると、7月に5.1%だったデスクトップ市場におけるアップルの台数販売シェアが10月に11.1%まで急上昇している。特にMacの主力デスクトップ「iMac」はLeopard発売前から好調で、Leopard発売開始の前月に機種別のシェア1位になっている。

Leopardがインストールされた最新の「iMac」。「20インチ:2.4GHz」(実売価格15万9800円)や「24インチ:2.8GHz」(同29万9800円)など4通りの製品構成。Leopardはインストール済み(画像クリックで拡大) 10月26日のLeopard発売日には多くの人がアップルストアにつめかけた。写真はアップルストア銀座。あいにくの雨の中、270人以上が長蛇の行列を作った(画像クリックで拡大)

 なぜ、これほどLeopardとMacが今売れているのか?

 優れたデザイン、高いコストパフォーマンス、大ヒット商品である携帯音楽プレーヤー「iPod」との連携のよさ、と躍進の要因はいくつも挙げることができる。

 Leopardを詳しく見ていく前に、LeopardとMacの好調の理由を分析していきたい。Macの歴史やPCを取り巻くネットワーク環境の変化、市場動向など、総合的な視点で考えると、そこには3つの大きな理由が見えてきた。