コニカミノルタフォトイメージング

DiMAGE A200

実売価格:9万6200円(税込み)

発売日:2004年11月27日

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・CCD移動式手ぶれ補正機能「Anti-Shake」
・リングを回してズーム操作が行える
・DiMAGE A2と比べて小型化を実現
・ニコン COOLPIX8800
・キヤノン PowerShot Pro1
・オリンパス C-8080 WideZoom

 コニカミノルタの「DiMAGE A200」(以下、A200)は、独自の手ぶれ補正機構「Anti-Shake」を搭載したコンパクトデジタルカメラの新モデルだ。上位機種「DiMAGE A2」(以下、A2)と同等の光学7倍ズームレンズや2/3型800万画素CCDはそのままに、小型化と操作性のリファインを果たしたのが特徴。初心者にもなじみやすいカジュアルモデルとして仕上げられた意欲作だ。

ダイヤルは減ったがマニュアル操作はストレスなく行える

 DiMAGEシリーズのハイエンドモデルは、家庭用デジタルカメラ初の500万画素機「DiMAGE 7」から操作性や画質に関しては着実な進化を遂げてきたが、ボディの大きさについてはほとんど変わりなかった。ところが、A200ではA2に比べて一気に約2割ものシェイプアップに成功し、手にすると誰もが「小さくなった!」と感じられるほどになった。

ハイエンドコンパクト機「DiMAGE A2」のイメージを残しつつ、本体の小型化を図った「DiMAGE A200」。液晶モニターはA2の跳ね上げ式からオーソドックスなバリアングルタイプとなり、液晶ビューファインダーは固定式となった

背面のレイアウトは、DiMAGE A2とよく似ている。バリアングル式の液晶モニターは、1.8型と標準的な大きさ。ファインダーの左下に設けられている緑色のボタンは、手ぶれ補正機能の有効/無効を切り替えるボタンだ

 なかでも大きく変わったいえるのが、マニュアル撮影の操作性だ。A2は、デジタル一眼レフの中級機以上と同様に、本体の前後にコマンドダイヤルを備えており、M(マニュアル露出)モードでの撮影時には、絞り値とシャッタースピード値がそれぞれのダイヤルでダイレクトに変更できた。

 これに対して、A200のコマンドダイヤルは1つだけ。Mモードでの撮影時は、ダイヤルを回すとシャッタースピードが変化する仕組みで、絞り値は背面の十字キーの左右で操作する。デジタル一眼レフの操作に慣れきっている筆者だが、この左右キーでの絞り操作も使ってみると意外に快適に感じたのは新鮮な体験だった。なお、ボディ左側面のSHIFTボタンを押しながらダイヤルを回せば絞り値が変更できるよう工夫されているので、ダイヤル操作にこだわりたい人も安心だ。

DiMAGE A200と同じく800万画素のCCDと光学式の手ぶれ補正機能を搭載するニコンの「COOLPIX8800」(右)と並べてみた。レンズのズーム倍率が異なるが、A200の方が若干ながらコンパクトにまとまっているのがわかる

 A2と比べれば小型化されたとはいえ、コンパクトデジカメとしてはやや大きめのボディだが、レンズとグリップをしっかり握って撮影できる一眼スタイルのカメラの中ではコンパクトな部類に入る。デジタル一眼レフの大きさに尻込みしていたユーザーであれば、文句なしにうれしいサイズといえそうだ。

デジタル一眼レフと同様にリングの回転でズームが行える

 ホールドしやすいボディ形状だということもあり、使い勝手は全体的に良好だ、使い勝手は全体的に良好だ。モードダイヤルを「AUTO」にセットしておけば、コンパクトデジカメしか使ったことがない人でもすんなりと使いこなせるだろう。また、ズーミングが電動ではなく、レンズ周囲のリングを回して行えることも大きなメリット。7倍という大きなズーム比を持つレンズの画角を素速く変更することや、微調整も思いのままに行える。ただし、このズームリングの回転がややスムーズさに欠けるのが気になったが、この価格では仕方がないのだろうか。

記録メディアはコンパクトフラッシュで、マイクロドライブにも対応する 電源は大型のリチウムイオンバッテリーで、グリップ部に格納される

 また、コンパクトデジカメを使い慣れた人が戸惑うであろうと思うのが、マクロ撮影に関して。ズームの広角側では、レンズ前21cmまでしか寄れないのだ。かといって、マクロ撮影が弱いのかといえばそうではなく、ズームの望遠側ではレンズ前約13cmまで寄れ、約4×5cmの被写体を画面いっぱいまで写せる。望遠側での撮影は、被写体の形にひずみが少ないうえ、ある程度離れて写すことが可能なため、カメラの影が被写体にかぶってしまう心配も少ない。使い方に関しては多少慣れが必要なものの、小さな花の撮影などにはうってつけのマクロ機能だといえる。

NEXT 手ぶれ補正機能の実力は絶大!