何らかの原因で、ローマ字入力モードが、かな入力モードに切り替わってしまったのが原因です。

 キーボードの日本語入力モードには、アルファベットを組み合わせて入力する「ローマ字入力」と、ひらがなで入力する「かな入力」の2種類があります。文字を打ち込んでいる最中に間違ったキーを押して、この2つが切り替わることがあります。ご質問のケースでは、[Alt]キーと[カタカナ/ひらがな/ローマ字]キーを同時に押せば、ローマ字入力に戻ります。なお、キーの働きは日本語変換ソフトによって異なります。ここでは、Windowsに標準のMS-IMEを例とします。

 ほかに、「ひらがな入力がカタカナ入力に切り替わった」などもよくあるトラブルです。やみくもにキーを押していると直ることが多いので見過ごしがちですが、一度整理しましょう(下の表参照)。

 [カタカナ/ひらがな/ローマ字]キーは、ローマ字入力とかな入力の切り替えや、[Shift]キーと同時押しするとひらがな入力とカタカナ入力の切り替えが可能です。その左隣にある[前候補/変換/全候補]キーは、入力した文章を文節に区切ったり、単語を漢字/全角カタカナ/半角カタカナに変換したりできます。

 一方、[無変換]キーは、入力した単語を漢字以外のひらがな、全角カタカナ、半角カタカナに変換します。変換候補がない状態で[無変換]キーを押すと、ひらがな入力、全角カタカナ入力、半角カタカナ入力の順に切り替えることが可能です。変換については、キーボード上方に並ぶ[F6]~[F10]キーを使うのも便利です。[F6]はひらがな、[F7]は全角カタカナ、[F8]は半角カタカナ、[F9]は全角英数字、[F10]は半角英数字にそれぞれ一発変換できます。なお、「はいけい」が「haikei」とローマ字になる場合は、[Alt]と[半角/全角/漢字]を同時押しして、英数字入力からひらがな入力に戻してください。

 小文字で入力したはずのアルファベットが大文字になる場合は、テンキーの上部分などにある3つのランプを確認しましょう。中央のランプが点灯しているはずです。[CapsLock]キーと[Shift]キーを同時に押せばランプが消え、小文字入力に戻ります。類似のキーに[NumLock]キーがあります。テンキーの左上に位置しており、テンキーを使っての数字入力を可能にします。左側のランプが点灯している場合はテンキーで数字入力が可能です。消えている場合は[NumLock]キーを押しましょう。

●日本語変換に使用する主なキー
※写真は109日本語キーボード