インクジェットプリンターのインクは二種類あります。

●インクジェットプリンターのインクには「顔料インク」と「染料インク」の2つがある

 「顔料インク」は、インクの粒子が紙の表面に残る特徴があります。用紙の中でインクと水が混ざりにくいため、水に濡れてもにじみが抑えられます。このため、屋外のポスターなどに向いています。

 半面、光沢紙のような表面がツルツルした用紙に印刷したとき、表面をこするとインクがはがれてしまうことがあります。ただし最近では、顔料インクでもはがれにくい光沢紙も発売されています。

 一方「染料インク」は、インクが紙の繊維質に浸透します。用紙表面にインクの凹凸ができないため、顔料インクより印刷結果がきれいです。しかし、用紙を濡らすと紙の繊維質に浸透しているインクと水が混じり、にじみます。

「顔料インク」はインクの粒子が紙の表面に残るのに対し、「染料インク」は紙の繊維質にインクが浸透する。普通紙に印刷したものに同量の水滴を加えてみると、染料インクは文字がにじんでしまう。光沢紙に印刷したものをこすった場合、顔料インクではインクがはがれてしまうことがある

 なおプリンターメーカーは、こういったインクの欠点を補うような工夫をしています。例えば、セイコーエプソンの顔料インク搭載機は、写真印刷の際に無色インクを吹き付け、染料インク並みの美しさに仕上がるようにしています。一方キヤノンは、黒インクに顔料インク、カラーインクに染料インクを搭載。はがき宛名などのモノクロ印刷と写真などのカラー印刷で、インクの使い分けが可能な製品を発売しています。