Windows XPの初期状態では、不正な処理などで正常に終了しなかった場合、再起動時にハードディスク(HDD)の検査を行うよう設定されています。これは、「CHKNTFS」という起動時のディスクチェック実行プログラムの設定によるものです。

 HDDの自動検査を停めるには、CHKNTFSを実行して設定を解除する必要があります。「スタート」メニューから「すべてのプログラム」-「アクセサリ」の順でたどり、「コマンド プロンプト」を開きます。もしくは「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」を開いて、ダイアログボックスに「CMD」と入力してもOKです。

 コマンドプロンプトが開いたら「CHKNTFS /X C:(システムのドライブ名)」と入力します。これでHDDの自動検査は行われなくなります。元に戻すには「CHKNTFS /D」と入力します。

 シャットダウンしても何分も反応がなく、やむなく電源を落としたときなどはディスクの検査は確かにわずらわしいものです。しかしOSなどの不具合で強制終了した場合は、HDDが壊れることもあります。データ保全のためにも、検査を有効にしておくことをお勧めします。


「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」を開き「CMD」と入力する

「CHKNTFS /X (システムドライブ名、ここではC:)」と入力すると、HDDのチェックをしなくなる