「Thumbs.db」ファイルは、「隠しファイルを表示する」設定にすると、図1のように表示されます[注1]。このファイルには、画像の入ったフォルダを開いたときに表示される“縮小画像”が保存されています。あらかじめ縮小画像を作っておくことで、画面表示を速くするというわけです。

 [注1]フォルダを開いた画面で「ツール」メニュー→「フォルダオプション」を選び、表示される画面の「表示」タブで「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選ぶと、隠しファイルが表示される

 このファイルは削除しても問題ありませんが、一度削除してもフォルダを開くたびに自動作成されます。もし作りたくなければ、「フォルダオプション」で「縮小版をキャッシュしない」をチェックすればOKです(図2、図3)[注2]。

 [注2]ただし、「Thumbs.db」ファイルを削除すると、フォルダを開いたときの縮小画像表示に時間がかかることがある

●通常はテンキーでの入力は半角文字
図1
ウィンドウズの設定を変えると、フォルダ内に「Thumbs.db」ファイルが表示されることがある。このファイルは削除してもよいのだろうか?

●設定変更で削除が可能
図2 図3
「Thumbs.db」ファイルには、フォルダを開いたときに表示される縮小画像の情報が保存されている。フォルダを開くと自動的に作成される。このファイルは削除しても問題ない
 [注2]ただし、「Thumbs.db」ファイルを削除すると、フォルダを開いたときの縮小画像表示に時間がかかることがある
フォルダを開いた画面で、「ツール」メニューから「フォルダオプション」を選択。現れる画面の「表示」タブで「縮小版をキャッシュしない」をチェックすると、自動的に作成されない