ソニーが、アナログ腕時計にしか見えないスマートウオッチ「wena wrist」を発表した。「Apple Watch」などの既存の製品と何が違い、どこが魅力なのかを、開発者の声とあわせて解説する。

ソニーのスマートウオッチ「wena wrist」
[画像のクリックで拡大表示]

アナログ腕時計にしか見えないスマートウオッチ

 スマートウオッチといえば、ソニーの「SmartWatch 3」やアップルの「Apple Watch」のように「小型ディスプレーにさまざまな情報を表示する腕時計型デバイス」というイメージが一般的だろう。しかし、2015年9月にドイツのベルリンで開催された世界的な家電見本市「IFA 2015」でソニーが発表した「wena wrist」は、そんなイメージを覆す、アナログ腕時計らしさ満載のアイテム。IFA 2015でも多くの注目を浴びていた。

 パッと見、ごく普通のアナログ腕時計にしか見えないwena wristだが、実はバンドの部分にFeliCaチップやLED、バッテリーなどを内蔵。スマートフォンと連携することで、おサイフケータイのサービスを利用したり、電話やメール、SNSなどの通知を確認したり、歩数を計測したりできる正真正銘のスマートウオッチだ。IPX5/IPX7の防水機能や、約1時間の充電で約1週間利用できるバッテリー性能などを目指して、鋭意開発が続けられている。

 このwena wristを開発したのは、入社2年目でプロジェクトの代表を務める對馬哲平氏。大のガジェット好きという對馬氏は、入社試験で「ウエアラブルで生きていく」という決意を既に表明していたそうだ。時計とウエアラブルデバイスを融合させたwena wristのようなガジェットについても学生時代から考えていたそうで、それを入社2年目で実際に開発してしまうとは何とも恐れ入る。

wena wristのプロジェクト代表を務めるソニー新規事業創出部 wena事業準備室 統括課長 對馬哲平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 他のスマートウオッチにはない大きな特徴は、腕時計が持つ「アナログの世界観」(對馬氏)。アナログ時計の醍醐味といえる“針の動き”や腕時計ならではの質感をきっちりキープしつつ、自身が大好きなウエアラブルデバイスとどう融合させるかを模索したそうだ。ちなみに製品名のwena は「wear electronics naturally」の略。「人々にもっと自然に、違和感なく、ウエアラブルデバイスを身に着けてほしい」というコンセプトを示している。

 wena wristは現在、クラウドファンディングとeコマースの機能を兼ね備えたソニーのウェブサイト「First Flight」でプロジェクトへの支援(予約購入)を受け付け中(クラウドファンディングは10月末まで)。3針タイプの「Quartz Three Hands」とクロノグラフタイプ「Quartz Chronograph」を用意し、それぞれSilverとBlackの2色から選べる。価格は3針タイプのSilverが3万9800円、Blackが4万9800円、クロノグラフタイプのSilverが5万9800円、Blackが6万9800円。

上段左からQuartz Chronograph Silver/Quartz Three Hands Silver、下段左からQuartz Chronograph Black/Quartz Three Hands Black
[画像のクリックで拡大表示]