アマゾンジャパンは2015年8月27日、Amazonプライム会員向けに追加料金なしで動画が見放題になるサービス「プライム・ビデオ」を9月に開始すると発表した。米国では2010年にサービスを開始しており、アジアでは日本が初となる。

9月にサービスを開始する「プライム・ビデオ
[画像のクリックで拡大表示]

 プライム会員なら、日本や米国の映画やテレビ番組、人気アニメ、ミュージック・ライブ、バラエティー番組、Amazonオリジナル作品などを、年会費3900円(税込み)の見放題で楽しめる。

 具体的なサービス開始日や提供するコンテンツのタイトルは後日発表予定だが、日本のテレビ局などとも交渉中としている。視聴できる機器はパソコンのほか、Android搭載のスマートフォンやタブレット、iPhoneやiPad、Fireタブレット、ゲーム機器、スマートテレビなど。ハイビジョン映像でも配信するほか、4K Ultra HD映像タイトルも配信する。

 Amazonプライムサービスは、購入した商品をいち早く届ける「お急ぎ便」や指定日時に届けてくれる「お届け日時指定便」を無料で利用できたり、対象タイトルの中から好きな本を毎月1冊無料で読める「Kindleオーナーライブラリー」、タイムセール商品を一般より30分早く購入できる「先行タイムセール」などのサービスを利用できる会員制プログラム。

 アマゾンジャパンではプライムサービスを強化している。「プライム・ビデオ」もこうしたプライムサービスの強化のひとつという位置付けだが、9月2日にサービスを開始するネットフリックスなどの動画配信サービスの競合サービスとの見方もできる。料金は年額3900円(税込み)の一括払いだが、月額あたりにすると325円/月という安さが強みだ。例えばネットフリックスの月額料金はベーシックプランで650円なので、「プライム・ビデオ」の方が圧倒的に安い。すでにプライム会員になっている人なら、追加料金不要で利用できるのも強みだ。