デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼用の交換レンズは、カメラメーカーが手がけた「メーカー純正品」と、交換レンズを専門に手がける「サードパーティー製品」に大きく分けられる。かつては「性能を考えればカメラーメーカーの純正品に限る!」という意見が多かったが、それはもう過去の話。近ごろは、使い勝手を犠牲にしつつも描写性能を徹底的に追求した高画質モデルなど、純正レンズにはない魅力を持つサードパーティ製品が続々と登場している。そこで今回は、お薦めのサードパーティー製レンズを6本厳選してみた。かなり高価なレンズもあるが、この夏の撮影が充実すること間違いナシの個性派ぞろいだ。

1

コシナ
Carl Zeiss Otus 1.4/85
実売価格:46万円
1

シグマ
35mm F1.4 DG HSM
実売価格:8万8000円
1

シグマ
50mm F1.4 DG HSM
実売価格:9万円
1

タムロン
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
実売価格:10万5000円
1

ケンコー・トキナー
Reflex 300mm F6.3 MF MACRO
実売価格:2万8000円
1

シグマ
85mm F1.4 EX DG HSM
実売価格:7万8000円

(文/吉村 永)