夏をちょっと涼しく過ごすためのアイテムといえば扇風機だが、大きい扇風機の置き場所や電源を確保するのは面倒だろう。そんなときに便利なのがUSB扇風機だ。コンパクトな製品ばかりなので置き場所を取らないし、パソコンのUSBポートやスマホの充電に使うUSBタイプのACアダプターで使えるので、オフィスや自室の机の上で使うのにピッタリだ。初めて登場した頃はジョークグッズのような扱いだったが、今や夏の必需品になりつつある。そんなUSB扇風機を集めてみた。

USB扇風機のポイントは風量と低騒音

 USB扇風機のメリットは、USBポートから供給される電力で使えることと、コンパクトなことだ。家電量販店などの店頭を見ると様々なタイプの製品が並んでいるので、その中から自分に合うものを選びたい。価格帯は1000~3000円ぐらいだ。

USB扇風機は個性的な製品が多い。最大風量、サイズ、騒音の大きさなどはバラバラだ。自分の使い方に合うものを選びたい
[画像のクリックで拡大表示]

 製品を選ぶポイントは、まず作り出す風の強さ・風量だ。これはUSB3.0対応のものや、二重反転羽根を採用したタイプが有利だ。しかし実際に机の上に置いて目の前で使ってみると、それほど強力な風でなくても十分涼しく感じられる。そこでまず自分の使いかたを考えてみよう。自分のすぐそばに置いて使うなら風はそれほど強力でなくてもいいし、ある程度離れた場所に置いて使うなら風が強力で遠くまで届きやすいものがいい。こうした使い方と、騒音やサイズとの兼ね合いで考えたい。

 次は騒音だ。周囲の音が大きい店頭では分かりにくいが、USB扇風機は騒音が大きくて気になる製品が多い。また、自動首振り機能がある製品では、その動作音にも注意したい。そのほか自動首振り機能の有無、風量調節機能の有無をチェックしよう。電源はUSB以外にも、短時間なら乾電池を利用できるものがある。サイズは、実際に置く場所との兼ね合いで考えよう。USB扇風機といっても大きいものから、かなり小型のものまである。