データ通信の容量を複数端末で共有できる格安SIMの「シェアプラン」を契約すれば、スマホとLTE対応タブレットなど複数台持っている人は、毎月掛かる通信費を大幅に削減できる。こうしたシェアプランの特徴や料金を解説しつつ、おすすめプランを提案しよう。

[画像のクリックで拡大表示]

データ容量を「シェア」すると家族で得になる

 近年急速に普及が進むスマートフォンでは、高速なインターネット接続が必須。データ容量には「高速データ通信は毎月5GBまで」などの上限があり、この容量を使い切ると通信速度が低く制限され、ネットが大変使いづらくなってしまう。だからといって、「容量を使い切らないように」とデータ容量が多めのプランを選択すると、今度は余ったデータ容量が無駄になってしまう場合もある。

 そんな時に役立つのが、家族の間でデータ容量を共有できるサービスだ。大手携帯電話会社では、NTTドコモが「カケホーダイ&パケあえる」、auが「データギフト」、ソフトバンクが「家族データシェア」として、データ容量の共有に対応した料金プランやオプションサービスを提供している。

 以下の表は、大手携帯電話会社のシェアプランをまとめたものだ。なお、この記事では便宜上、複数の回線でデータ容量を共有できる料金プランのことを「シェアプラン」と呼ぶことにする。

大手携帯電話会社のシェアプラン
[画像のクリックで拡大表示]

 データ通信を多く利用している場合、月額料金も高いプランを契約するのが普通だ。ところが、シェアプランを契約すれば、1人が突出してデータ通信を多く利用していても、残りの家族が使わなかったデータ容量を割り当てることで、家族全体の通信費を引き下げられる。

 ちなみに、データ容量を共有する方法は携帯電話会社によって異なる。NTTドコモとソフトバンクでは、家族全員が1つのデータ容量を消費していく。これに対し、auでは家族がそれぞれ別々のデータ容量を持っており、その一部を他の家族にプレゼントする方法を採用している。

シェアプランは1人だけでもお得に使える

 家族全体の携帯電話コスト引き下げに役立つシェアプランは、1人だけでもお得に使える。スマートフォンとLTE対応タブレット、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターなど、2つ以上のモバイル通信端末を持っている場合だ。

 NTTドコモを例に計算してみよう。スマートフォンとLTE対応タブレットをそれぞれ個別に契約した場合、スマートフォンの月額料金は「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」+「spモード」+「データSパック(小容量)」(データ容量は2GB/月)の組み合わせで6500円。タブレットの月額料金は「データプラン(スマホ/タブ)」+「spモード」+「データSパック(小容量)」の組み合わせで5500円、合計で1万2000円となる。

 しかしこの場合、例えばスマートフォンとタブレットでそれぞれ1.5GBずつしかデータ通信を利用しなかったとすると、どちらも500MBずつデータ容量が余ってしまい、無駄が生じる。この無駄を省くには、NTTドコモの場合はタブレットを「2台目プラス」として契約し、スマートフォンとデータ容量を共有すればいい。以下の表は、大手携帯電話会社のシェアプランにおいて、スマートフォンとタブレットの2台を利用する場合の料金を試算したものだ。

スマホ&タブレットでシェアプランを契約する場合の一例
[画像のクリックで拡大表示]

 上記のケースではスマートフォンとタブレットが合計3GBのデータ通信を行うため、スマートフォンのパケットパックを「データMパック(標準)」(データ容量は5GB/月)に変更する。スマートフォンの月額料金は8000円と高くなってしまうが、タブレットの月額料金はパケットパックが「データSパック(小容量)」から「シェアオプション」に入れ替わることで、3000円安い2500円になる。2台合計の月額料金は1万500円。利用できるデータ容量が5GBに増えつつ、通信費は1500円下げられる。


格安スマホ・格安SIM選びに役立つサイト、始めました

 新サイト「格安スマホとSIMのすべて」では、いま話題の格安スマホ・格安SIMについて、最新情報や得する選び方、おすすめプランをお届けしていきます。料金・プランを簡単に探せる検索ツールや、初心者向けの記事も用意してお待ちしております。