グーグルが突如サービス開始を発表した「Googleフォト」。既存の有料クラウドストレージサービスが真っ青になるほどの充実した内容で、早くも注目が高まっている
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルが2015年5月28日(現地時間)に発表した写真と動画の新しいサービス「Googleフォト」(Google Photos)が、写真ファンの間で大きな注目を集めている。サービスの利用は無料ながら、1600万画素相当の大きな画像を枚数無制限でクラウド上に保存できるなど、これまでにない魅力的な内容となっているからだ。早くも「この種のサービスの決定版では?」「バックアップの最終手段として使いたい」との声が上がっている。

 すでに日本でもサービスが利用できるGoogleフォトは、写真ファンにとって多くのメリットを備えている。その点をチェックしていこう。

デジカメ写真の画質を維持したままクラウドに無制限で保存できる

 Googleフォトのおもな注目ポイントは以下の通り。

■「Googleフォト」のおもな注目ポイント
【1】1600万画素の写真や1080pの動画を無制限でアップロード
→1600万画素超の写真は自動的に1600万画素にリサイズされる
【2】アップロードされた写真はオリジナル並みの画質を維持
→ひと目では両者の違いが分からないほどのクオリティー
【3】クラウドベースとは思えないサクサクとした動作が魅力
→ネットにつながるパソコンやタブレット、スマホで軽快に閲覧できる
【4】自動の画像解析により強力な検索機能が利用できる
→手作業によるタグ付けをすることなく、高精度のキーワード検索が可能に
【5】サービスの利用は基本的に無料
→写真をオリジナル状態のまま多く保存したい場合のみ有料となる

 特に、高画質の写真や動画をクラウド上に無制限でアップロードできるのが最大の特徴だ。1600万画素相当といえば、オリンパスの最新ミラーレス一眼「OM-D E-M5 Mark II」(1605万画素)や、富士フイルムの高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X30」(1200万画素)、アップルの最新スマホ「iPhone 6」(800万画素)などで撮影した写真が、リサイズせずにまるまる保存できるクオリティーだ。もし、普段使っているパソコンが故障して写真データが消失しても、Googleフォトにアップロードしておけば取り戻すことが可能。データがクラウド上にあることから、インターネットに接続できる環境ならば、外出先や実家などどこからでも写真が見られるのも魅力といえる。