iPhoneやAndroidスマホと連携して聴けるBluetoothスピーカーはどう選べばいいのか。AV評論家の折原一也氏が、製品の選び方や注意すべきポイントを指南。また用途に適したおすすめ機種を紹介する。

Bluetoothスピーカーは利用時にスマホと接続。iPhone、Androidスマホどちらも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
【はじめに】
●スマートフォンの「音が物足りない」を解決するBluetoothスピーカー

【Bluetoothスピーカーの選び方】
●用途別にどう選べばいいのか?
●音質に影響する「コーデック」は重要だが……
●スピーカーを選ぶポイントは「出力W数」や「パッシブラジエーター」
●NFC、有線接続……あると便利な機能とは

【用途・目的別のベストバイ機種】
●携帯性に優れ、水回りでも使えるコスパ高機種
●音質とサイズのバランスが良い機種
●自宅でとにかく高音質を極めたい人向けのモデルとは……
●風呂場で便利に使えるのは……
●アウトドアに持ち出して多人数で楽しむなら……

スマートフォンの「音が物足りない」を解決するBluetoothスピーカー

 Bluetoothスピーカーは、スマートフォンやパソコンなどに搭載される無線通信のBluetoothを利用して通信できるスピーカーだ。

 Bluetoothで接続する機器というとスマートフォンと接続して音楽を聴いたり、ハンズフリー通話をしたりする「Bluetoothイヤホン」を想像する人も多いかもしれない。(編集部注:Bluetoothイヤホンの購入ガイド記事は「細かすぎるBluetoothイヤホンの選び方  iPhone 6との相性抜群、同時接続でiPadも使いやすく」)。Bluetoothスピーカーも発想は同じで、Bluetoothで最大10m程度のちょっとした距離の間をワイヤレスで接続して大音量を鳴らすことを狙った製品だ。

 Bluetoothスピーカーは、iPhoneやAndroidを問わず、スマートフォンやタブレットで聴く音楽を、自宅でより良い音質で鳴らす用途にピッタリ。YouTubeやネット配信、スマホで遊ぶゲームの音が小さくて聞き取りにくいからクリアに鳴らしたい、という用途にも合う。

 また、音楽用コンポやパソコン用スピーカーとの違いとして、Bluetotohスピーカーの多くが駆動時間5時間〜20時間のバッテリーを内蔵している。これにより、家の中や屋外に持ち歩け、利便性が高まっている。

内蔵バッテリーの充電方法は機種によるが、小型の機種はMicroUSB端子ですべて済ませられる機種が多い。
[画像のクリックで拡大表示]