[画像のクリックで拡大表示]

 2015年2月13~16日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「ジャパンキャンピングカーショー2015」は、約300台の国内外のキャンピングカーが一堂に会し、入場者数は6万485人に上った。

 アジア最大級のショーとして毎年注目されるこの展示会で、今回最も注目を集めたのが、ホンダのコンセプトモデル「N-TRUCK」と「N-CAMP」。軽自動車「N-BOX」をベースに作られたピックアップトラックと専用キャンピングトレーラーだ。

ホンダが出品したコンセプトカー「N-TRUCK」。軽トールワゴンの「N-BOX」をベースに、ホイールベースを500mmカットし、ピックアップトラック風のデザインに仕立てた。インテリアはN-BOX同様だが、乗員は2名に変更されている。実験車両などを制作する部署が製造を手がけ、自走も可能なモデルだった
[画像のクリックで拡大表示]

 牽引するトラックは2名乗車で移動を楽しむために、必要な部分だけを残して機動性を向上させた、シティーコミューター的なコンセプトを持つ。リヤも荷台ではなく、トランクとなっている。スポーティーさも感じるショートなボディーは、N-BOXのホイールベースを500mmもカットしたもの。

 全長を抑えるため、トラック、トレーラーを凹凸が重なり合うデザインにしたのも特徴だ。トレーラー部は室内の収納を思い切って排除し、限られたスペースで最大限の広さを確保しているという。

 ホンダのデザイナーとエンジニアの夢が詰まったこのコンセプトカーは、他の出展者からも注目され、好評だった。発売を期待する声もあるが、あくまでコンセプトであり、市販の予定などはないという。

「N-TRUCK」の後部は荷台ではなくラゲッジルームになっていて、長物の収納に対応するトランクスルー機構も装備。後部の荷室扉(ゲート)は下開きで簡易ベンチとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]
トランクを閉じたときのリヤビュー。トランクゲート一体式スポイラーが備わったスポーティーなスタイルを採用した。キャビン後部のウインドーはホンダ「アクティ・トラック」から流用している
[画像のクリックで拡大表示]
キャンピングトレーラーとして作られた「N-CAMP」は、全長を抑えてはいても、スペースは最大に生かせるように「N-TRUCK」のトランク部に重なるロフトスペースが設けられている
[画像のクリックで拡大表示]
「N-CAMP」のインテリア。キャンピングカーによくあるさまざまな収納スペースを思い切って排除し、スペースを確保した
[画像のクリックで拡大表示]