格安SIMの実際の通信速度は今、どうなっているのか。IIJmio、ぷららモバイル、NifMo、楽天モバイル、OCNモバイルONEの実際の通信速度を比較テストしてみた。

[画像のクリックで拡大表示]

格安SIMの実効速度はバラバラ、どれが本当に速い?

 スマートフォンやタブレットに挿すと、大手携帯電話会社よりはるかに安い料金で使える格安SIMは、事業に参入するプレーヤーが増えた昨年から市場が大きく伸びている。

 格安SIMは、NTTドコモやKDDI(au)といった大手携帯電話会社の通信網を使って端末から無線基地局を経由しインターネットに接続する。そのため、格安SIMを提供する各社とも、最大速度は大手携帯電話会社の通信網の最大速度と同じ「下り最大150Mbps、上り最大50Mbps」などと記載していることが多い。通信速度は、ほぼ横並びに見える。

 だが、実際は格安SIMによって、実際の通信速度は大きく異なる。交換機からインターネットまでの回線帯域の幅や設備能力の部分で会社ごとに差があるため、速度が違ってくるのだ。

 また利用場所と時間帯によっても、格安SIMの通信速度は大きく左右される。一般的に、周囲に同じ通信キャリアの携帯電話を利用している人が少ないと通信が速く、利用者が多いと通信が遅くなる。そのため、携帯電話を利用している人が多い平日の昼休みにあたる12時から13時、もしくは、帰宅時間に該当する17時から18時は、通信速度が低下しやすい。

 格安SIMは大手携帯電話会社に回線を借りる際に最大通信量が定められているが、その通信量は会社によって異なる。付近に同じ格安SIMを利用しているユーザーが多いと、限られた回線を複数のユーザーで奪い合うことになるため、速度が低下することがある。

 それでは、格安SIMの実際の通信速度は今どうなっており、今どれが最も速いのだろうか。NTTドコモの回線を使っている主要な格安SIMを横並びで比べて東京・渋谷と大手町とでテストし、その実力を測ることした

 テストでは、SIMフリースマートフォンとして人気の高いエイスース(ASUSTek Computer)の「ZenFone 5」に挿して、通信速度をチェック。テストの条件をそろえるためZenFone 5を複数台用意し、ほぼ同じ時間帯で速度を測定した。アプリは「RBB TODAY SPEED TEST」(イード)を利用し、3回計測した時の最高値を掲載している(なお、平均速度の結果も最高値の傾向に準じている)。なお参考として、格安SIMのほかにNTTドコモ(Xperia Z2)とKDDI(au)(Xperia Z3)のスマートフォンを用意し、その速度も測ってみた。

ZenFone 5を複数台借りて、ほぼ同じ時間帯で通信速度を測った(上写真はイメージ)
[画像のクリックで拡大表示]

定番から安いものまで、5種類の格安SIMを選んだ

 今回、速度調査を実施にあたって用意した格安SIMは、知名度の高いものや定番のものを選んだ。「IIJmio」「ぷららモバイル」「NifMo」「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」の5種類だ。

 IIJMioは、老舗インターネットプロバイダーのIIJが提供している定番の格安SIM。データ通信量を2GBまでに制限した「ミニマムスタートプラン」(月額900円)と、データ通信量が4GBまでの「ライトスタートプラン」(月額1520円)、データ通信量が7GBまでで最大3枚までのSIMカードでデータ通信を共有できる「ファミリーシェアプラン」(月額2560円)の3種類を提供している。なお4月からデータ通信量を大幅に増加させる予定だ。

 こちらも老舗プロバイダーのNTTぷららが提供する「ぷららモバイルLTE」の料金プランは、通信量に制限がない「無制限プラン」(データのみ2759円、音声通話付き3459円)と、1日あたりの通信量が70MBに制限されている「ライトプラン」(データのみ900円、音声付き1600円)の2種類。

IIJが提供する「IIJmio」
[画像のクリックで拡大表示]
NTTプララが提供する「ぷららモバイルLTE」
[画像のクリックで拡大表示]

 「NifMo」は、大手インターネットプロバイダーのニフティが提供しているサービスだ。データ通信のみのSIMカードが月々900円から、音声対応のSIMカードが1600円から提供されている。テータ通信プランは通信量によって2GB(月額900円)、4GB(月額1600円)、7GB(2800円)の3種類ある。

 NTTコミュニケーションが提供する「OCNモバイルONE」も、知名度が高い格安SIM。データ専用SIMカードが900円、音声対応SIMカードが1600円から利用できる。1日の通信量によって料金プランが分かれており、「70MB/日コース」が900円、「100MB/日コース」が1380円、「2GB/月コース」が1100円、「4GB/月コース」が1450円だ。

 フュージョン・コミュニケーションズが提供する「楽天モバイル」は、音声通話付きSIMカードのみを提供。「2.1GBパック」(1600円)、「4GBパック」(2150円)、「7GBパック」(2960円)などがある。こちらも4月からデータ通信量を大幅に増加させる予定だ。




格安スマホ・格安SIMを探している人に
役立つサイト、始めました。


「格安スマホとSIMのすべて」では、いま話題の格安スマホ・格安SIMについて、最新情報や得する選び方、おすすめプランを日々更新していきます。これから始める人に向けた入門記事や、料金・プランを簡単に比べられるツールもあります。(15年4月28日)