言葉の通じない外国人とインターネットを通じてリアルタイムで話せる日が、ついにやってきた。もちろん高額な料金で専門の同時通訳を依頼する必要はない。「スカイプトランスレーター」を使えば、ソフトが無料で自動的に通訳してくれる。

 これは、インターネット電話サービスの「スカイプ」に搭載された新機能。今のところはプレビュー版として公開されている[注1]。お互いに異なる言語で話す相手とテレビ電話するときでも、それぞれ自分の言葉で話せばOK。言語の壁も何のその。あとはソフトが相手の発言を自分の言語に翻訳してくれる。外国語が苦手でも、世界各国の人々とスカイプで話すことができるのだ(図1)。

図1 「スカイプ」の自動翻訳機能「スカイプトランスレーター」を使えば、英語とスペイン語のように異なる言語を使う人同士でも、お互いの母国語で話しながら自動的に翻訳してくれる。これで言葉の壁を取り払える
[画像のクリックで拡大表示]
[注1]日本国内では2015年後半にプレビュー版公開の見込み

「日経PC21」3月号のご案内
【特集】クラウドのスゴ技
【特集】ブルートゥース驚きの活用法
【特集】ハイレゾまる分かり
【付録】ファイル救出緊急マニュアル≪DVD付き≫


日経PC21 3月号
1月24日発売
特別価格 780円(税込み)
発 行:日経BP社

AMAZONで買う
楽天ブックスで買う
日経BP書店で買う