端末内の写真を削除しても、後で見られる方法は……

 iPhoneで写真をよく撮るユーザーは、iPhone内のストレージのかなりの部分を写真が占めているだろう。

 iPhoneのカメラはデジカメに負けない画質の写真を撮れるし、画面も大きいので、自分で見たり家族や友人に見せたりするときにも役に立つ。そう考えると、後で見たい写真はiPhoneの中にあったほうが都合が良いのだが、前述したiCloudバックアップで「フォトライブラリ」をバックアップから除外すると、iPhoneをバックアップから復元しても写真は元に戻らないことになってしまう。

 そこで、iCloudにある「共有アルバム」を使って、後でいつでも写真を見ることができ、かつiPhoneのストレージを消費しない方法を紹介する。

 共有アルバムは、以前は「共有フォトストリーム」と呼ばれていたものだ。フォトストリームは、iPhoneで撮影した写真を自動的にiCloudにアップロードするサービスなのだが、保存は30日間、2万5000枚までという制限があり、制限を超えたものは古いものから削除されていく。

 共有アルバムもiCloud上に写真を保存するのは同じだが、保存期間の制限がない。作成できる共有アルバムの上限は100。それぞれに5000枚まで保存できる。合わせると最大50万枚の写真を保存できるのだ。保存期間の制限がないため、自分で削除しない限り削除されない。

 また、共有アルバムというぐらいだから他人に公開されるように思ってしまうが、誰とも共有しない共有アルバムも作れるので個人の保存用としても利用可能だ。

 ただし共有アルバムは、保存容量を節約するためにオリジナル写真から解像度を最適化してアップロードされる。条件によって異なるが、通常は2048×1536ピクセル、パノラマ写真では長辺が最大5400ピクセルとなる。この点さえ気にならなければ、共有アルバムはおすすめだ。

 共有アルバムの使い方は、下記の画面を参照してほしい。共有アルバムにアップロードしておけば、iPhone内から写真を削除しても、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも写真を見ることができる。

共有アルバムにアップロードするには、「写真」アプリで「カメラロール」を表示し、右上の「選択」をタップし、共有アルバムにしたい写真をすべてタップする。その後、画面左下のアクションボタン(四角から矢印が上に出ているボタン)をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
表示されたアクションシートで「iCloudで共有」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
すでに作成済みの共有アルバムがあるなら、その共有アルバム名が表示される。新規に共有アルバムを作成するなら「共有アルバム」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
「新規共有アルバム」をタップする。すでに作成済みの他の共有アルバムを選ぶことも可能
[画像のクリックで拡大表示]
共有アルバム名を入力して「次へ」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
宛先を選ぶ画面が表示される。共有アルバムを誰かに公開するなら、ここで相手を選ぶが、自分でしか見ないなら何も入力せずに「次へ」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
自分のアップロードしたい共有アルバムが表示されていることを確認して「投稿」をタップすれば、共有アルバムへのアップロードが完了する
[画像のクリックで拡大表示]
「写真」アプリの画面下部にある「共有」をタップすると、作成した共有アルバムの一覧が表示される。見たい共有アルバムをタップする
[画像のクリックで拡大表示]
共有アルバムが表示された。それぞれの写真をタップすると大きな写真で見れるのもカメラロールと同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
それぞれの写真にコメントがつけられるので、共有アルバムは撮りっぱなしの写真を整理するにも役に立つ
[画像のクリックで拡大表示]