プラスEXで東海道新幹線に乗るのは損? 九州には半額近くになる激安切符もある

この記事は「日経トレンディ」2014年11月号(2014年10月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 10月1日、20枚つづりの東海道新幹線の回数券が廃止され、6枚つづりの商品に統合された。東京―新大阪間では1枚当たりの単価が70円上昇。金券ショップでの販売額も上がるとみられる。

 この回数券と通常の切符(通常期に普通車指定席を利用した場合)との差額は760円だが、インターネット予約を使えば、それより安く利用できる。これを機にネット予約の利用も検討してみたい。

 ただ、ネット予約サービスはJR各社がバラバラに運営している。割引切符の種類も異なり、なかには自社クレジットカードでしか購入できないものもあるなど複雑だ。

[画像のクリックで拡大表示]

東京-新大阪で1000円割引、年会費はすぐに回収可能

 まず、東海道新幹線には「エクスプレス予約」と「プラスEX」という2つのサービスがある。前者は、支払いがJRとの提携クレジットカードに限られ、その年会費は1000円(税別)。後者は、手持ちの幅広いカードが利用でき、年会費は500円(同)。一見、プラスEXのほうが良さそうだが、実は割引額が低く設定されている。エクスプレス予約の年会費は東京―新大阪間を1回往復利用するだけで元が取れるので、プラスEXをあえて選ぶ理由は乏しい。加えて、プラスEXは、新大阪より西の山陽新幹線が利用できない点も注意が必要だ。

【JR東海・西日本】
東京-新大阪で1000円割引
年会費はすぐに回収できる
 東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」はJR東海・西日本の提携カード(年会費1000円・税別)の他、ビューカードで「モバイルSuica」会員となり、「ビュー・エクスプレス特約」(同額)を付けることで利用できる。乗車前に紙の切符を受け取るe特急券の他、専用のICカードを自動改札にタッチして乗車するEX-ICサービスがあり、後者のほうが割引率は高い。一方、同様のICカードで乗車し、手持ちのクレジットカードで支払える「プラスEX」(年会費500円・税別)もあるが、これは東海道新幹線しか使えず、割引額も低め。エクスプレス予約を薦める。
[画像のクリックで拡大表示]
東海道新幹線開業50周年を記念して、「こだま☆楽旅IC早特」など、エクスプレス予約、プラスEX限定の格安切符が発売されている
[画像のクリックで拡大表示]
その他のネット限定割引切符
こだま☆楽旅IC早特…東海道新幹線のこだまグリーン席が対象。乗車3日前の23時30分までに購入し、EX-ICカードかプラスEXカードで乗車する。東京―新大阪9500円(9420円トク)