20年来のぬいぐるみの仕上がりは?

 「洗浄作業はすべて手作業」だと、吉永さんは話していた。まず、ぬいぐるみ全体にまんべんなく水を噴霧してぬらし、スポンジや、ぬいぐるみのパーツ、素材、汚れ具合によってはブラシを使って手でやさしく洗っていく。次に高圧洗浄機で一気に洗剤を流してから遠心分離機で脱水する。通常のクリーニング、コインランドリーにある脱水機は、縦型でモノが型崩れしやすいが、遠心分離機は水平に入れて回すので、型崩れせずに仕上がるそうだ。ここまでの作業でひとつのぬいぐるみにつき約30分。そして、乾燥させる。乾燥は天日乾燥のため、天気によって左右されることが多いが、それを最小限にするために吉永さんは廃車になったワゴン車を乾燥室にしているという。「ガラス張りで温度が上がりやすく、外に置いておけて鍵が掛けられるので、廃車にしたワゴン車を乾燥室代わりに使用しています」(吉永さん)。乾燥は通常なら4~5日かかるという。

1. ぬいぐるみの外側全体に水を噴霧して洗剤で洗う。汚れ具合やほつれなどを確認しながらスポンジで洗っていく。

水を全体に噴霧する
[画像のクリックで拡大表示]
洗剤をつけてスポンジやブラシで洗っていく
[画像のクリックで拡大表示]

2. 高圧洗浄機で洗剤を洗い流す。

高圧洗浄機を使い一気に洗剤を流していく
[画像のクリックで拡大表示]

3. 遠心分離機で脱水。

水平に入れて回す遠心分離機はぬいぐるみが型崩れしない
[画像のクリックで拡大表示]

4. 天日で自然乾燥。ぬいぐるみなら通常4~5日。着ぐるみの場合は4日~1週間ぐらいかかる。

廃車になったワゴン車が乾燥室だ
[画像のクリックで拡大表示]

 サンクリーンでは毎日20~30点ほどのぬいぐるみを手作業で洗っているという。今回は、クリーニング中に大型台風が2つも通過し、乾燥に時間がかかったそう。9月30日に発送して、仕上がってきたのは10月18日だった。天候が良ければ通常は10日~2週間ぐらいで仕上がるという。

クリーニング完了とともに連絡がきて、送ってもらう日程も選べる。そして1点ずつ包まれて宅配便で届く。丁寧なサービスが人気の秘密だ
[画像のクリックで拡大表示]

 送られてきたぬいぐるみに触れて驚いた。ふんわりとしていて一回り大きく感じられ、20年前に店頭に並んでいたときよりも手触りが良いような気さえする。出来上がりを見て、すぐに別のぬいぐるみを送るなど、リピーターが多いというのも納得だ。カビや汚れでひどい状態になってしまった思い出のぬいぐるみなどを持っている人は試す価値があるだろう。

サンクリーン南九商事

宮崎県宮崎市加江田3808
http://www.sun-clean.com/
クリーニング料金:サイズ(一番長い辺のサイズ)10cm 500円~(付属品等によって異なる)
※毛皮素材のぬいぐるみは不可


(文/広瀬敬代)