「これも仕事だからやむをえない」――そんな言い訳をしながら2年ぶりに新型iPhoneを買った。iPhone 5からの乗り換えだ。ご存じのように、今回は4.7インチ画面の「iPhone 6」と5.5インチ画面の「iPhone 6 Plus」が2機種同時に登場したため、どちらにしようか迷っている人も多いと思う(写真1)。

写真1●今度のiPhoneはサイズ違いで2機種が登場。4.7インチ画面の「iPhone 6」と5.5インチ画面の「iPhone 6 Plus」のどちらにしようか悩んでいる人も多いのでは?
[画像のクリックで拡大表示]

 自分の場合は、iPhone 5からの乗り換えということもあり、「画面がより大きくなる」「動作もきっとキビキビと速くなるはず」「あれだけ大きいのだから、さぞかしバッテリーも持つはず」の3点に期待を込めて6 Plusを選んだ。結果、いずれも期待以上の満足度でスマホライフが一段と快適になった……と書きたいところなのだが、実は利用開始早々、思わぬ落とし穴にハマって苦しむことになってしまった。

 話には聞いていたが、いざ自分がその状況に置かれてみると、実に困り果てた事態に。ワクワクして迎えた新iPhoneライフが一転して、不便でストレス満載のスタートとなってしまった。一定の条件が重なってのことで、皆が皆、同じ状況に陥るわけではないが、自分でも「まさか!」の思いだったので、皆さんが同じ轍を踏まないよう、トホホな顛末をご紹介したい。