音質を左右するコーデックは「AAC」と「apt-X」に注目

 コーデックとは、音声データを転送する際に、圧縮/展開するための規格だ。送信側機器で圧縮された音声データが、受信側の機器で展開されて音になる。Bluetoothイヤホンの場合、従来から「SBC」と呼ばれるコーデックが標準として採用されてきた。ただ、SBCは圧縮効率や転送速度を優先しているため、高音質の音楽を聴くのにはあまり向いていない。

 最近では、SBCよりも高音質での転送が可能な「AAC」や「apt-X」と呼ばれるコーデックに対応したBluetoothイヤホンも登場している。以前は、Bluetoothイヤホンの中でもハイエンド機種にしか搭載されていなかったが、最近では手の届きやすい価格帯の製品にも、これらのコーデックが採用されてきている。

 AACやapt-Xは、高品位な音質が得られるだけでなく、音の遅延も小さく抑えられる。Bluetoothイヤホンで音楽を聴いているだけなら遅延に関してはあまり気にならないのだが、動画を見たりゲームをしたりすると、画面の動きに対して音が少し遅れて聴こえる。AACやapt-XはSBCに比べると遅延は少なく、SBCでは遅延が200〜250msなのに対して、apt-Xでは約32msと公表されている(AACの数値は非公表)。

 ただし遅延がまったくないわけではないので、音に合わせて画面をタップする「音ゲー」と称されるゲームや、楽器アプリのリアルタイム演奏などは、AACやapt-X対応であっても違和感がある。

iPhone・iPadでは「AAC対応」がおすすめ

 コーデックは、スマートフォンや音楽プレーヤー側もBluetoothイヤホン側と同じコーデックに対応していなければ利用できない。iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは、AACコーデックに対応しているが、apt-Xには対応していない。apt-Xにのみ対応しているBluetoothイヤホンをiOSデバイスに接続して使うと、せっかくのapt-Xは活かされずSBCでの接続になってしまう。iOSデバイスで使うためにBluetoothイヤホンを購入する場合は注意が必要だ。

 iOSデバイスで、AACコーデックのBluetoothイヤホンを使用するメリットは他にもある。iTunes Storeで購入した楽曲はAACで圧縮されている。また、パソコンのiTunesでCDから取り込んだ楽曲も、デフォルトの設定ではAACが使用される。Bluetoothで使用するコーデックがAACで、元の楽曲がAACで圧縮されている場合は、再圧縮されることなく元のデータが転送されるので、Bluetoothによる音質の劣化は最小限になること期待できるのだ。

apt-XおよびAACに対応している製品には、パッケージなどに対応を示すことをロゴがある。iOSデバイスはapt-Xに対応していないので、apt-Xにしか対応していない製品を購入してもあまり意味はない
[画像のクリックで拡大表示]
Bluetoothイヤホンは、転送過程で音声に遅延が生じるため、動画の視聴やゲームで利用すると違和感がある。AACやapt-Xでは、SBCよりも遅延が圧倒的に小さいが、完全に気にならなくなるというわけではない
[画像のクリックで拡大表示]