「マルチポイント機能」で、スマホ・タブレットの使い分けが簡単に

 Bluetoothイヤホンは、さらなる快適さを享受できる「マルチポイント」(「同時ペアリング」とも言う)と呼ばれる機能を搭載するものもある。

 マルチポイントとは、複数の機器を同時に接続できる機能。通常のイヤホンは機器と1対1でつながっているのに対して、マルチポイント機能を持ったBluetoothイヤホンは、イヤホンが複数の端末と同時につながっているイメージだ。

 同時に接続できる台数は機種によって異なる。スペックを見ると「通話1、音楽1」などと表記されている。この場合、通話をiPhoneやスマホ、音楽再生をiPadなどのタブレット端末にすれば、2台同時にBluetoothイヤホンに接続しておける。

 例えばマルチポイント機能を使うと、iPad内に楽曲を入れておいてBluetoothで聴いていても、iPhoneから着信があればiPadの音楽はフェードアウトし、イヤホンのコントローラーで電話を受けられる。通話が終われば、またiPadの音楽が続きからフェードインしてくる。

 このようにBluetoothイヤホンでは、2つのデバイスをスムーズに切り替えて利用できるのがポイントだ。例えば16GBなどストレージ容量の小さいiPhoneを使っていて音楽を入れる容量を確保できない場合でも、Bluetoothに対応した音楽用のデバイスを追加するだけで、問題を解決できる。電子書籍、音楽、ビデオなどのコンテンツはiPadに入れ、通話やメッセージ、SNSなどのコミュニケーション用としてiPhoneを利用するという使い分けも簡単になる。

Bluetoothイヤホンなら、スマートフォンと音楽プレーヤーとを同時に1つのイヤホンに接続しておける。音楽再生中でも電話の着信があると、イヤホン内に着信音が鳴り、通話も可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
Bluetoothイヤホンに、複数のデバイスを同時に接続して利用する場合は、カタログの「同時ペアリング数」「マルチポイント」などの項目をチェックしておこう
[画像のクリックで拡大表示]