米国で第2のシェアを持つというロボット掃除機メーカー・米Neato Robotics Inc.の日本法人ネイト ロボティクスが、2014年10月4日にロボット掃除機「Botvac(ボットバック) 75」(5万9800円)と「Botvac 85」(6万4800円)の2機種を発売する。片側が丸く、片側が四角の「Dシェイプデザイン」の本体を持ち、女性が使えるロボット掃除機を目指して開発されたという。家電量販店ビックカメラとコジマの各店舗で先行発売し、一般量販店にも拡大していく予定だ。

 米国のロボット掃除機メーカーNeato Robotics Inc.の日本法人ネイト ロボティクスが、2014年10月4日にロボット掃除機「Botvac(ボットバック) 75」と「Botvac 85」の2機種を発売する。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Neato Robotics Inc.はスタンフォード大学の起業支援制度を利用した3名の学生が、女性が使える家庭用ロボットの開発を目指して2005年にシリコンバレーに創業したベンチャー企業だ。最初の製品を出荷したのは2010年で、現在は米国のロボット掃除機シェア2位を占めているとのことだ。

 同社会長兼CEOのジャコモ・マリーニ氏は「ロボット掃除機メーカーにとって、日本が重要な市場であることはよく知っている。そこで、市場参入に当たって数カ月間の調査を行った」という。

米Neato Robotics Inc.会長兼CEOのジャコモ・マリーニ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Botvacシリーズの強みは「Dシェイプデザイン」を採用することによって壁ぎわや部屋の隅の掃除が得意なこと、自己位置推定と掃除する部屋のマッピングを同時に行う「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」と呼ぶシステムで正確かつ素早く部屋を掃除できることにあるという。

Dシェイプデザインを採用するBotvacシリーズ(写真は上位モデルの「Botvac 85」)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、日本のロボット掃除機市場では米アイロボットの「ルンバシリーズ」が圧倒的なシェアを握っている。ネイト ロボティクスの「Botvacシリーズ」は、果たして日本市場でシェア上位に食い込む実力を持っているのか。米国本社のマリーニ氏や日本法人代表取締役を務めるポラード由貴子氏らへのインタビューも含めて探っていきたい。