今年1年だけで、23区内に8店舗オープン!

 「歩きやすくオシャレな靴になかなか出合えない」と嘆く“シューズ難民”は特に40代以降の女性に多く、そうした層をターゲットにした、ファッション性も高いウォーキング・シューズが好調だ(関連記事)。

 そんななか、9900円から国産オーダーメイドシューズを作れることが受け、急激に店舗数を伸ばしているのが、オーダーシューズ専門店「キビラ(KiBERA)」だ。2012年8月、新宿に1号店をオープンし、その後の10カ月間で約3億7千万円を売り上げたという。翌2013年の銀座店オープンに続き、2014年春に4店(池袋東口/渋谷東口/上野アメ横店/秋葉原店)、秋には4店オープン予定で、年末には合計10店舗となる。

 靴のオーダーメイドといえば、最低でも数万円、高額だと何十万円もするのが常識。いったいなぜ、9900円という低価格で国産のオーダーメイドシューズを提供できるのか。またなぜ、1年間で8店舗という急ピッチで出店しているのか。そのナゾを探った。

2013年にオープンした「キビラ(KiBERA) 銀座コア店」。KiBERAとは「KIRA KIRA BEAUTYに生きる靴」というコンセプトを表現しているという
[画像のクリックで拡大表示]
トレンドを取り入れた既製品も置いているが、売り上げの7~8割はオーダーシューズ
[画像のクリックで拡大表示]
銀座コア店の店舗面積は約100平米。入って右にガラス張りの足型計測ルームがある
[画像のクリックで拡大表示]