安定した人気の健康家電の中でも、特に女性とシニアの関心が高いのが、手軽にジュースを作れるジューサー。以前は高速回転でパワーの強いものが人気だったが、最近の売れ筋は「スロージューサー」と呼ばれるタイプ(関連記事)。スクリューを低速回転させて材料を押しつぶすようにして搾るため、摩擦や熱で失われやすい酵素やビタミンなどの栄養が守られ、酸素に触れにくいので酸化も抑えられるというのが人気の理由だ。

 このスロージューサーで搾ったジュースを「コールドプレスジュース」といい、数年前から米国の都市部を中心に大流行している。ニューヨークではコールドプレスジュースを販売するスタンドが1ブロックに1つはあり、すっかりニューヨーカーの生活に根付いているといわれる。一方、日本では2012年7月、コールドプレスジュースを提供する日本初のカフェ「スカイハイ」が渋谷にオープンしているが、それ以降、増える気配はあまりなかった。

 しかし2014年1月15日、恵比寿にコールドプレスジュース専門店「Sunshine Juice 」(サンシャイン ジュース)」がオープン。4月25日には代官山駅の自然派コスメセレクトショップ「コスメキッチン代官山店」が、コールドプレスジュースなどを販売するスタンドをオープンさせた。さらに同じ代官山では7月12日に「Why Juice? 」 (ホワイ ジュース?)、8月6日には「クレンジングカフェ代官山」と、続々とコールドプレスジュースのショップがオープン。六本木ヒルズにある「ELLE cafe(エルカフェ)」では9月20日のリニューアルオープンに伴い、看板メニューを従来のスムージーからコールドプレスジュースに刷新するという。

 実は筆者も数年前にコールドプレスジュースを知り、家庭用スロージューサーを購入して毎朝、ジュースを作っていたことがある(いつしか中断し、ジューサーをしまいこんだままになっているが)。続々とオープンしているショップのコールドプレスジュースの価格設定を見ると、多くは1000円前後とドリンクとしてはかなり高額。筆者が家庭用のスロージューサーで作っていたものと、いったいどう違うのか。ニューオープンのショップに足を運んでみた。

代官山駅「コスメキッチン代官山店」には4月25日からコールドプレスジュースなどを販売するスタンドが登場している
[画像のクリックで拡大表示]
7月12日にオープンした「Why Juice?」の売れ筋ジュース「Refresh」は、パイナップル・キュウリ・ミント・レモンを使った爽やかな味
[画像のクリックで拡大表示]
8月6日にオープンした「クレンジングカフェ代官山」は、美容関係の女性4人で立ち上げたショップ。女性ならではの感性で、スタンダードメニューには宝石の名前がつけられている
[画像のクリックで拡大表示]