KDDIが2014年8月13日から受け付けを始める新料金プラン「カケホとデジラ」。auユーザーにとって、今までの料金プランと比べて得なのか損なのか、スマホ&ケータイ料金がどれだけ節約できるのかを、複数のパターンから見ていこう。

[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIから、新料金プラン「カケホとデジラ」が発表された。これは、NTTドコモの「カケホーダイ&パケあえる」、ソフトバンクモバイルの「スマ放題」という、新潮流の料金プランに対抗したものだ。KDDIでは当初、もっと遅い時期に新しい料金プランを提供する予定だったらしいが、NTTドコモの新料金プランの好調ぶりを受けて現場からの要求が高まり、前倒し導入となったようだ。

 それでは、3大キャリアの中で最後発となったKDDIの新料金プランは、どんなユーザーにメリットがあるのか、検討してみよう。最初に、基本的な仕組みの解説だ。

ドコモ、ソフトバンクと横並びだが、工夫している部分もある

 まず基本となる通話料金は、スマートフォン向けの「電話カケ放題プラン」が月額2700円、auケータイ向けの「電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)」「電話カケ放題プラン(ケータイ)」が月額2200円となる。国内通話が無料(一部の特殊な通話を除く)であるのも含めて、ここはドコモ、ソフトバンクと同じ料金、サービスだ。

 もう1つの基本となるデータ定額プランは、先に登場した2社のプランを研究してアレンジを加えている。KDDIのスマートフォン向けのデータ定額の料金プランは、毎月通信できるデータ容量が2GB、3GB、5GB、8GB、10GB、13GBと細かく刻まれているのだ。一方、ドコモとソフトバンクは2GB、5GB、10GB、15GB、20GB、30GBと、刻みが大きく、大容量に対応している。

 ドコモは、家族で高速データ通信できる容量を共有(シェア)することが前提、ソフトバンクもシェアを1つの柱に据えた料金体系だ。一方、KDDIの新料金プランには「シェア」という概念がない。家族でまとめて使うことが前提のドコモ、ソフトバンクは、大きな刻みで大容量までのパックを用意するが、家族がそれぞれ適切なデータ通信量を購入することが前提のKDDIは、刻みを細かくしてパックの上限も控えめになっているのだ。

 データ容量のシェアという仕組みがない代わり、KDDIでは「データギフト」というサービスを提供する予定。家族グループ内で0.5GB単位で余ったデータ容量を「贈る」ことができる。必要なときに、明示的に余った容量を贈れるので、1つの大きな枠をシェアするよりも管理がしっかりできそうな気もする。なお、このサービスは2014年12月に開始予定だ。

 家族からギフトしてもらうことができず、データ容量が不足してしまったときは、「データチャージ」で容量を買い足す。これはドコモとソフトバンクが1GB単位で1000円の1コースしか用意していないのに対して、KDDIは0.5GBで550円と、1GBで1000円の2コースを用意している。小容量で買い足せて、62日間の有効期間があるので、こちらは使い勝手が良さそうだ。

 なお従来型ケータイでは、基本となる料金プランで、「電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)」を選ぶと、月額3500円のデータ定額(ケータイ)が付加される。こちらはデータ容量の上限設定はない。

「カケホとデジラ」では、他社に比べて容量が小刻みに用意されている
[画像のクリックで拡大表示]