食生活の多様化で、調味料の数は増える一方。使用頻度の低いものは使いきれないうちに消費期限が過ぎ、捨ててムダになってしまうことも少なくない。

筆者宅の冷蔵庫の調味料入れ。勢いで買ってはみたもののあまり手が出ず、捨てるのももったいなくて置物になっているだけのものも多い
[画像のクリックで拡大表示]

 そんななか、ハウス食品が2014年8月18日、家庭にある基本的な調味料と混ぜるだけでさまざまなたれやソースができる調味料「ハウス まぜてマジック」を発売する。マヨネーズを混ぜればタルタルソース風たれ、しょうゆを混ぜれば和風甘酢だれ、ゴマ油を混ぜれば中華ネギ塩だれになるという。

 これが本当なら専用のたれを買う必要がなくなり、冷蔵庫の調味料入れスペース問題は一気に解決。だが、そんな“うまい話”が本当にあるのだろうか。実際に確かめるべく、早速ハウス食品に突撃した。

合わせダレの素「ハウス まぜてマジック」(予想実売価格298円)。砂糖、塩、酢にタマネギ、ピクルスなどのみじん切りを具材として加えた、とろりとした液体。「これひとつでさまざまな味が作れる万能調味料で、用途はほぼ無限」(同社)という
[画像のクリックで拡大表示]
同社が提案するミックス例。これでもごく一部だという
[画像のクリックで拡大表示]