ミストラル、ギブリ、ボーラ、シャマル、スパイダー90thアニバーサリー

1963年に発表された「ミストラル」。「3500GTスパイダー」のショートホイールベースシャシーを用いたコンパクトなボディーが特徴だった。クーペだけでなく、のちにオープンモデルのスパイダーも設定し、軽快な走りが自慢のスポーツカーに。名前は南仏の季節風に由来する
[画像のクリックで拡大表示]
1966年に発表された2シータークーペである「ギブリ」。その翌年にオープンモデルであるスパイダーが追加された。ギブリのデザインは、当時、カロッツェリアであるギアに在籍していたジョルジェット・ジウジアーロの作品。その優雅なスタイルは、マセラティロードカーのなかでも最も美しいと評価される
[画像のクリックで拡大表示]
「ボーラ」は、1971年に発表されたマセラティ初のミドシップモデルだ。あの奇才ジョルジェット・ジウジアーロが設立したイタルデザイン初期の傑作としても知られる。スーパーカー世代にも有名な1台
[画像のクリックで拡大表示]
「ビドゥルボシリーズ」のエボリューションモデルである「シャマル」は、1989年に発表された。スパイダーやカリフのショートホイールベースのシャシーをベースに改良を加え、新開発の3.2LのV8ツインターボを搭載した。マルチェロ・ガンディーニの作品であることはクルマ好きには、有名なエピソードの1つ
[画像のクリックで拡大表示]
「スパイダー90thアニバーサリー」は、マセラティ90周年を記念して発表された限定モデル。グランスポーツスパイダーをベースに専用外装の採用やカーボン製パーツの装着、トノカバーにかけて一部がリデザインされるなどスペシャルなものとなっていた
[画像のクリックで拡大表示]