この記事は「日経ビジネスオンライン」に2014年4月9日に掲載された「記者の眼」を転載したものです。内容は基本的に日経ビジネスオンラインに掲載された時点のものとなります。

2010年にオープンした家族レストラン坂東太郎の1号店「古河総本店」のエントランス(写真:竹井 俊晴、以下特記以外は同)
[画像のクリックで拡大表示]

 「1歳の誕生日おめでとう!」。とあるファミリーレストランの一室、紅白の一升餅を背負った子供を、満面の笑顔を浮かべた両親やおじいちゃん・おばあちゃんが囲む。

 別の部屋では、赤いちゃんちゃんこを着たおばあちゃんの還暦祝いに家族が集まる。店内はくつろいだ笑顔にあふれており、雰囲気はまるで家族の集まる居間のようだ。

 茨城県古河市。おじいちゃん・おばあちゃんから両親、孫まで3世代の家族が人生の節目にこぞって訪れる異質なファミレスチェーンがある。

 そのチェーンとは、北関東を中心に複数の業態で計68店の飲食店を展開する坂東太郎が手掛けた和食レストラン、「家族レストラン坂東太郎」だ。

「家族のだんらん」がコンセプト

 2010年12月に開業した1号店「古河総本店」は、人口15万人の茨城県古河市において、開店からわずか8カ月で来店客数が10万人を突破する盛況ぶりで、今なお客足が絶えない。同チェーンは、3月中旬にオープンした新店舗を合わせて、現在4店舗を構える。

 「目指したのは、日本のだんらん風景の伝承」。坂東太郎の青谷洋治社長は、コンセプトをこう語る。

 3月初旬の週末、古河総本店を訪ねた。駐車場から店に向かうと、まず目に留まったのが日本庭園のようなエントランスだ。さらに門をくぐると、たくさんの木々や草花が出迎える。街道沿いにあるとは思えない、田舎の里山に迷い込んだような錯覚にとらわれた。その後、池に架かる橋を渡ると、日本旅館のような趣の店舗が現れた。

門をくぐると、緑豊かで、季節の草花を楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]