ハイアールアクアセールスは2014年3月25日、プレミアブランド「アクアシリーズ」の新製品5機種を発表した。ラインアップは扇風機が「AQS-H30C」と「AQS-L30C」の2機種、オーブントースターが「AQT-WT2」と「AQT-WA1」の2機種、ロボット掃除機の「AQC-RB100C」。

左からロボット掃除機「AQC-RB100C」、DCモーター搭載扇風機「AQS-H30C」と「AQS-L30C」、オーブントースター「AQT-WT2」と「AQT-WA1」
[画像のクリックで拡大表示]

 各製品の発売時期と予想実勢価格は以下の通り。

・DCモーター搭載扇風機「AQS-H30C」
 2014年4月下旬発売 2万円前後

・DCモーター搭載扇風機「AQS-L30C」
 2014年4月下旬発売 1万6000円前後

・オーブントースター「AQT-WT2」(縦型)
 2014年4月下旬発売 7000円前後

・オーブントースター「AQT-WA1」(横型)
 2014年5月下旬発売 6000円前後

・ロボット掃除機「AQC-RB100C」
 2014年7月下旬発売 6万円前後

ハイアールアクアセールスの中川喜之社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ハイアールアクアセールスの中川喜之社長は「当初は冷蔵庫と洗濯機という大型商品だけを扱う販社だったが、アクアブランドのプレゼンスを上げていきたいという思いがあり、新しい事業領域に展開していく」と語った。

 「主要取引の大手量販店などと商談する中で、設立当初から(ハイアールアクアセールスの母体の一つである)三洋電機で培った技術、使いやすさを引き継いだものを出してほしいとの要望があり、製品開発を進めていた。

 日本では最後発とも言えるメーカーのため、同じ土俵で競争するとどうしても埋もれてしまう。そこでブランドメッセージでもある『Life is Precious.』を実現するような、他社とはちょっと違うものを作りたいと考えた。デザイン性を重視したものや、機能において業界最高水準を実現したものもある。2015年、16年と徐々に商品群を増やし、アクアブランドのプレゼンスを上げていきたい」(中川社長)