2010年11月頃のことだから、かなり前の話になる。自宅で記事の画像を扱うことが多くなったのと、自宅内のLANにぶら下がっている機器の数が増えてきたので、ヤフーADSLのスピードでは満足できなくなり、光ファイバー(FTTH)に乗り換えた。「So-net光(auひかり)」の「ホーム ギガ得プラン」なのだが、無料期間などがあったため、正式なサービス開始日は2011年1月1日というおめでたい日だったことに、auひかりをやめて別の光ファイバーに乗り換えようとした今回始めて気付いた。

 auひかりのデータ通信の速度に不満があったわけではない。時折遅くなることはあったけれど、実用上困るほどではなかった。

 各端末で動画も問題なく楽しめた。では、なぜ、やめようかと考え始めたかというと、毎月の費用がそれなりに下がりそうなサービスをたまたま目にしたからだ。

年2万円くらい節約できてスピード2倍に目がくらむ

 So-net光には月額で6800円ほどかかっていた。年間にすると12倍だから、8万数千円になる。仕事でも使うのだから構わないといえば構わないのだが、これは自腹で支払っている。冷静に考えてみると、少しでも安いにこしたことはない。

光ファイバー、1カ月の支払いは6800円くらい
[画像のクリックで拡大表示]

 1月中旬に目にしたのが、これを月額で5000円弱まで下げられるというFTTHサービスである「NURO 光」。年間にすれば2万円ほど節約できる“かもしれない”ではないか。しかも、最大スピードは2Gbps、つまりギガ得プランの2倍という触れ込みだ。この数字はいわゆる“ベストエフォート”なので、単純に2倍になることはなかろうと思ったが、出費が減るだけでなくスピードが上がるということに興味を持った。

 全ての端末を同時に利用することは少ないと思うが、有線で接続しているのがWindowsマシン2台(1台は予備機)、無線LAN接続しているノートPCがWindowsが1台とMacが1台、iPadが1台、スマートフォンが1台、そしてWiiが、この光ファイバー回線を利用しているのだ。いつの間にか増殖してしまった……。

速度が倍になって月額利用料が2000円ほど減る!……にほだされた筆者
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、今年の1月は何かと忙しかったこともあり、気がついたら2月になってしまっていた。するとどうなるかというと、auひかりを解約するとペナルティーで約1万円を支払わなくてはならないと、小さな文字で書かれていることに気がついた。ということは、年間の節約は2000円にしかならない。いろいろと面倒だし、いったんは乗り換えをやめようと思ったのである。

 筆者はいろいろ持っているアカウントのパスワードを時折、思いついた時に適当に変更している。適当に変更するので、分からなくなっていつも困るのだが、パスワード変更のためにプロバイダーとして契約しているSo-netのマイページに入ってみると、コース変更という文字が目についた。クリックしてみると、NURO 光に乗り換えると2万円をキャッシュバックしてくれるというキャンペーン中だというではないか。これなら、auにペナルティーを支払ってもお釣りがくる。

 関西人らしい計算を働かせた筆者は、面倒は面倒なのだが、やってみることにしようと決心した。

NUROに申し込み後に、プロバイダーであるSo-netのマイページを確認すると、確かに2万円のキャッシュバックキャンペーンが適用されたことが確認できた!
[画像のクリックで拡大表示]