LINEは2014年2月26日、3種類の新サービスを発表した。LINEアプリ上から国内外の固定電話・携帯電話に低料金で電話がかけられる「LINE電話」、LINE公式アカウントの機能をAPIとして提供し、企業がカスタマイズして活用できる「LINE ビジネスコネクト」、LINEユーザーが自分でスタンプを作成して販売できる「LINE Creators Market」。

低料金と簡単操作が特徴の「LINE電話」

 従来のLINEではLINEユーザー同士で無料通話ができたが、LINE電話(海外ではLINE Call)はLINEユーザーでない相手にもかけることができる。簡単な操作、クリアな音声、低料金のという3つの特徴を持つという。

 初期費用や月額基本料などは不要で、ケータイやスマホへは1分6.5円、固定電話への通話料が1分2円など、業界最低水準の料金が特徴。アプリ内決済もしくはLINEウェブストアで「コールクレジット」や「30日プラン」などを購入して利用する。なお、LINEアプリ同士の通話はこれまで通り無料でできる。

LINEユーザーはLINEのアプリから電話をかける。電話を受ける相手側には普通の電話と同様に着信し、発信元の電話番号などが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 複数の大手キャリアのプレミアム回線を利用し、通話量が多いことが見込まれる主要地間には専用回線を導入する、OSや端末機器ごとに最適化するなどの方法により、クリアで途切れにくい音声品質を実現したとしている。サービス開始は、2014年3月を予定。まず日本、アメリカ、メキシコ、スペイン、タイ、フィリピンの6カ国でスタートする。