この記事は「東京大改造マップ2020」(2014年2月3日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

マンション価格が高騰するなか、マンションの購入を検討する際にはどのようなことに留意する必要があるのでしょうか。また、市場の変化は何を手がかりに判断すればいいのでしょうか。住宅市場などの分析を手がける調査会社アトラクターズ・ラボの沖有人代表にマンション購入で気をつけるポイントを聞きました。 (文中のカッコ内は編集部による注)

沖 有人(おきゆうじん)
1988年、慶応義塾大学卒業。コンサルティング会社勤務を経て、98年にアトラクターズ・ラボを設立。住宅市場を分析し、マクロ調査・エリア市況調査・案件調査レポートなどを提供する。国土交通省「住宅エネルギ性能表示検討委員会」の委員など多数、務める。著書に「マンションは10年で買い替えなさい」「タワーマンション節税 相続税対策は東京の不動産でやりなさい」(ともに朝日新書)、「このチャンスを逃すと10年待ち! マンションを今すぐ買いなさい」(ダイヤモンド社)などがある
[画像のクリックで拡大表示]